# # # #

2010年09月04日

TACTICS II (AH)

TACTICS II (1958, The Avalon Hill Game Co.)はチャールズ・S・ロバーツによってデザインされた最初の商業ウォーゲームであるTACTICS(1954)の改良版です。

Tac2.jpg

このゲームは歴史的な背景に基づく後の多くのウォーゲームとは異なり、架空の大陸におけるブルー国とレッド国の戦争をテーマにしています。二つの国は保有する戦力こそ同じですが、ブルー国は国土が山地や森林に囲まれているのに対し、レッド国は平地と都市が多く、首都は北西部の海上の島にあるという異なる地勢を持っています。

Tac2map.jpg

ルールは三段階に分かれていて、基本ルールでは移動とZOCと戦闘(マストアタック)、あとは都市の支配ぐらいで本当に基礎的なしかありませんが、上級ルールで地形と特殊兵科(山岳、空挺、海兵)、海上輸送が、選択ルールでは天候、補充、補給、核兵器に関するルールが追加されます。
今となっては顧みられることのないゲームかもしれませんが、作戦レベルのウォーゲームにおける基本要素はほぼ網羅されている点は驚かされます。

箱裏の紹介ではチェスとの相違点を紹介してるのも興味深いです。
posted by AMI at 06:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
核兵器の概念なぞ、
むしろ、
現代を超えてしまっているような。
Posted by Fabius at 2010年09月10日 19:09
当時の核戦争を巡る予測がどの程度のものだったのか詳しくは知りませんけど、まだキューバ危機(1962)も起こる前のゲームですからのうw
Posted by AMI at 2010年09月11日 20:49
キューバ危機以前、という御指摘をいただいて、
なんだか「はっ!」とした思いに撃たれました。
事の善し悪しは別にして、
アメリカ人は、そんな時代から、こんなゲームを、
商業ベースで流通させてしまう発想があったんですね。
Posted by Fabius at 2010年09月19日 01:24
この時期に紙ベースの商業ウォーゲームができたのは、ヒストリカルウォーゲームを愛好する人間にとっては幸いだったのかもしれませんよ。
もし、本格的な冷戦時代になってから「最初のウォーゲーム」が開発されていたら、それは地図上を部隊が移動するような概念のないゲームになっていた可能性も高いのではないかと。
Posted by AMI at 2010年09月20日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40521973

この記事へのトラックバック