# # # #

2010年11月17日

電子投票システム(改)

以前ご紹介したものをベースに、過半数に必要な票数を自動的に計算できるようにしてみました。

・可決/否決を取るのに必要な票数の表示
・現在、過半数を確保しているかどうかの表示
・ローマ不在議員を含めた潜在投票力の表示

なお、手間の割に意味のある表示が難しそうだったので、議員が実際にもっている個人資産額は考慮されていません。

あと、互換性を考えてエクセル用のxlsで保存してありますが、作ったのがOpenOfficeなので、もしかしたらエクセルでの動作に不具合があるかもしれません。マクロとか使ってないし、単純な関数しか入ってないので大丈夫だとは思いますが。
何かお気づきの点があればお知らせいただければ幸いです。

http://solger.sakura.ne.jp/pdf/PCSenate.zip

(2010.11.27)ご指摘を受けた部分を改善。なお、細かなフォントサイズや列幅などは各自で調整してください。
posted by AMI at 02:22| Comment(3) | TrackBack(0) | ゲーム用具
この記事へのコメント
既にversion upが図られているかも知れませんが、
飽くまでもdownloadいたしました時点のもので
コメントをば。

「棄権」に対応しているのはgood。
どうせですから、
「土地法」versionも作製されてはいかがでしょうか
(と言っても、シートをコピーして、
「反対」と「棄権」との合計が「反対」にカウントされるよう
計算式を書き換える、というのでよいと思うのですが)。

現時点の投票の合計と可決・否決に必要な票数(の目安)とが
表示されているのもgood。
ですから、10行以下は非表示でもよいと思います。
それから、総投票数・不在投票数も表示をもっと小さくして、
その代わり、有効投票数・現時点での投票の合計・
残り投票数(個人資産は無視)の表示を
もっと大きくした方がよいと思います
(残り投票数の合計も表示されていた方が
よいかも知れません)。

あと、投票が終わった人は色が変わる、
とかした方がいいかもしれません。

以上、投票結果だけを知りたい人の都合に合わせた
コメントでした。
御粗末。
Posted by Fabius at 2010年11月21日 20:21
ご試用ありがとうございます。
土地法に関して、棄権は自動的に反対(廃案の場合は賛成)に変換されるのが旧版からのルールだと思うのですが、特に棄権に記録する必要があるのでしょうか?
(関数を使えば1枚のシートでも表現は可能だと思うのですけど)
表示サイズについてはご要望の方向で修整しました。画面解像度の違い、ツールバーの表示内容、エクセルとOpenOfficeの違いなどで特定の画面に最適化した表示はないと思うので、最終的には使用者が調整してください。
投票済みの表示替えについては実装。ファイルアップはしばしお待ち下さい。
Posted by AMI at 2010年11月23日 22:43
xlsファイルを更新しました。ファイル名は同じなので上書きしてください。
Posted by AMI at 2010年11月27日 02:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41744927

この記事へのトラックバック