# # # #

2007年05月31日

毛利軍上梓

 毛利軍のOBがなんとか完成しました。
 吉川軍と小早川軍の武将の配分なんかはかなり適当ですが、とりあえず九州征伐当時に生きてそうな方たち40名。
 毛利軍の武将は名前は結構でてくるのですが、生没年不詳の人がかなり多いので苦労しました。

 ちなみに、毛利軍は全部で4万。四国征伐後の論功行賞で小早川隆景が伊予一国を加増されているので、秀吉軍記の頃より水増ししてあります。
 しかし、戦力は増えても指揮官の顔ぶれは基本的に軍記と同じです。いや、厳密にいうと吉川元春、小早川隆景が二人とも総大将にランクアップし(能力値は共に224)、下位の指揮官も少し顔ぶれが入れ替わったりはしていますが、この国は基本的に指揮官のレベルが中庸(213)なのが特徴といえば特徴。特に頼みの吉川元春が九州征伐のメインシナリオではお亡くなりになっているので、御大将輝元さまも貴重な20戦力編成可能な指揮官として活躍してもらわねばならないでしょう。

毛利軍ユニット


 最後に一番難関と思われる北畠軍が残っています。
 わからなければ豊臣軍といっしょくたにしてしまおう。
 秀吉軍だけは名前余ってるんでw
posted by AMI at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 艦長私的記録
この記事へのコメント
乙です。
「鎮西〜」も完成に向けて着々と前進してますなぁ。自分も頑張らねば・・・w
OOBについては、生年か没年のどちらかが判明していればまだ判断のしようもありますが、生没年共に不明だと、その戦役に出陣している確たる記述が無いと中々登場させづらいですよね・・・「長元記」もその辺に苦労しました(恐らく幾人かの武将については誤りがあると思われます)
北畠については結構辛そうですよね。
織田家に乗っ取られる以前の北畠家と言うのも存在したわけですし。その辺の事を考えると、織田家から付いて来た家臣と、伊勢北畠家本来の家臣も存在する筈なので、その辺りの見極めがかなり大変そうですねぇ・・・w
Posted by にしき at 2007年05月31日 20:15
小牧長久手以降の秀吉配下の大名達の石高や家臣は流動的でわかりにくいですね。北畠信雄とか丹羽長秀なんか特にそうです。
天下侍魂‐将を語る‐
http://1st.geocities.jp/tugami555syou/syouichi4.htm
このページで名前を見つけて、ググってレーティングを決めました。以外と江戸時代には小大名とか旗本で生き残っています^^
Posted by ながわ at 2007年05月31日 22:19
コメントありがとうございます。

結論からいいますと、北畠も秀吉色にして一体化しちゃいました。これで、九州以外で染色されてないのは、毛利、宇喜多、前田、佐々だけになりましたw

豊臣麾下大名は配下武将と見なすか、個別の大名と見なすか、いろいろと悩んだのですがね。基本的にゲーム上構成、分離しておく必要性がある一部を除き、豊臣氏ということでまとめちゃいました。

ユニットシートは2枚×2面で収まりそうです。
Posted by AMI at 2007年06月01日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4185579

この記事へのトラックバック