# # # #

2007年06月04日

GMT二題

まずは残念のお知らせから(私以外には関係ないですがw)。

FlyingColorsの翻訳が終わったので、GMT社に公開許可申請のメールを送ったのですが、別の人から和訳をもらっているから、それを使ってね(はぁと)という(意訳)お返事をいただいてしまいました
(これを書いている時点ではGMTのサイトにはまだアップされていないようです)。

もすこしタイミングがずれていたら翻訳に使った時間を別のことに使えていたのですが、まあ仕方がないですねぇ。

もう一件はおめでたいお話し。GBoHシリーズの新作「RAN(乱)」が発売されたようですね。シナリオは三増峠、耳川、長久手、布部山、摺上原、沖田畷、天王寺の7本。日本人でも戦国マニアでないと知らないのではないかと思われるラインナップです(恥ずかしながら、私も布部山野戦いはRANの予告で知りましたw)。
個人的には、耳川と沖田畷で島津軍の釣り野伏がどのように再現されるのか気になりますが。S.P.Q.R.のカンネの会戦シナリオではローマ軍を罠に嵌めるような特別ルールはなかったように記憶してるのですが、果たして・・・

http://www.gmtgames.com/gbran/main.html
posted by AMI at 22:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 艦長私的記録
この記事へのコメント
ううむ。布部山の合戦は山中鹿介が活躍する戦いですよねぇ(この戦いで尼子残党軍は負けてますがw)
この合戦は、戦況図の載った冊子を所持していたので、例のシステムで何時か作ろうと画策していたのですが先を越されました・・・
日本人に先を越されるならまだしも、よりにもよって米国人に先を越されるとは・・・
長久手の戦いは、GMTサイトの説明を読む限りでは、三好勢を破った後の池田勝入斎&森長可とのガチバトルらしいですね。また、AMIさんの仰るとおり、沖田畷と耳川はゲームになるのかどうか実に興味深いですねぇw(ただし私が「RAN」を購入する事は無いと思いますがw)
もしかして、デシジョンの「Ancient World」カンネーシナリオの如く、釣り野伏に引っかかるように「直進行軍ルール」を導入しているのかも?w
Posted by にしき at 2007年06月04日 23:57
GMTにFlying Colorsの和訳を投稿した者です。

和訳自体は昨年作ったものですが、某帆船小説の新刊読了で気分が盛りあがっているところで共用掲示板のスレッドを拝見し、まだ需要があるなら公開しておくかと手直しを進めていました。共用のAMI様の書き込みを拝見したのが発端ですので、完全に平行して作業していたことになります。

私自身和訳のバッティングは経験がありますので、内々で作業せずに、あちらにコメントしておけばよかったと反省しています。重ね重ね失礼しました。

こちらの翻訳にもいろいろと不備などあるかと思いますので、ご意見などいただけると幸いです。
Posted by N村 at 2007年06月05日 20:11
兵は拙速を尊ぶですかw
GBoHシステムはめんどくさすぎるので(ぉ、かぶっても例のシステムで出すのはありだと思いますけどね。

そのうちGMTのサイトにルールブックがアップされるでしょうから、とりあえずそれを待ちましょうw
Posted by AMI at 2007年06月05日 21:15
N村さま、コメントありがとうございます。
そして、翻訳おつかれさまでした。
上の本文は軽い愚痴なので気にしないでください。自分で訳してなかったらまだプレイ回数0のままだったでしょうしw
GMTのサイトにアップされたのを落としてきましたのでこれから読み込ませていただきますね。
Posted by AMI at 2007年06月06日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4248862

この記事へのトラックバック