# # # #

2011年01月17日

頭塔

頭塔(ずとう)は国の史跡で奈良市の東大寺南方にある方形七段の土塔です。伝承では政争に敗れて没落した僧玄ム(げんぼう)の頭を埋めた墓とされていたようですが、古文書の記録から東大寺の僧実忠が築いた仏塔と考えられています。

昨年の平城遷都1300年祭の絡みで紹介されていたのを見て、階段状ピラミッドに似た外観が印象的で一度行ってみたいと思っていたのですが、ようやく機会を作れました。

110117a.jpg
 南西側から近付くとこんな感じ。

110117b.jpg
 民間協力者の方に鍵を開けて貰い、門をくぐるとゆるやかな階段が続きます。周辺は住宅地になっているので両脇はギリギリまで民家が迫っています。

110117c.jpg
 復元整備された部分の外観。石仏を覆っている鞘堂(屋根)は保護のためのもので必ずしも当時の形状を再現したものではないとのこと。

110117e.jpg
 案内板にあった頭塔復元案。というわけで、実際には「階段状ピラミッド」ではないらしい。当時の最新式の仏塔らしいです。

110117d.jpg
 未整備部分との境目。発掘調査および復元は北半分に限って行われ、南半分は土に覆われたまま現状保存されています。

 当時の仏教建築といえば木造のイメージだったので、石積みの土塔は印象的でした。大仏さまほどではないにせよ、当時としては結構な土木工事だったのではないでしょうか? ちなみに、現在の頭塔の下には一回り小さい初期の頭塔が埋まっているそうです。

 なお、復元に際しては一般の見学も考慮して順路やデッキなども整備されていますが、普段は施錠されていて管理人さんに開けて貰う必要がありますので、訪問される際は事前に確認された方が良いと思います。

参考:平城遷都1300年祭ホームページの紹介
http://www.1300.jp/event/roam/yamatoji/shaji/13.html
タグ:奈良
posted by AMI at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | おさんぽ
この記事へのコメント
「頭塔」そのものは知りませんでしたが、周りの風景が如何にも「町中の文化財」って感じで中々良いですねーw
こんな感じで城跡何かが在ったりすると凄くワクワクしてきます。
Posted by にしき at 2011年01月23日 13:00
城跡はあまり調べたことがないけど、松永とか筒井とかが使ってたのが残ってるのかしら?
Posted by AMI at 2011年01月24日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42700385

この記事へのトラックバック