# # # #

2011年01月19日

[紹介] ハト☆プリRPG

8:30のみんなのおともだち☆プリティな戦士になろう!RPG (金星楽団、2010)は藤浪智之氏デザインの同人RPG。同氏が1996年に同じサークルから発表された「新世紀PRG E.V.A.」のシステムが元になっています。

TRPGは基本的にはプレイしなくなってしまったのだけど、元になった「新世紀RPG」に当時多大な影響を受けたことと「ハートキャッチプリキュア」は素直に好きなのでさっくり2011年の初購入ゲームになりました。

HCPRPG.jpg
(「ハト☆プリRPG」(左)とサプリメントの「パワーアップおしゃれブック」(右)。本体はキュアブロッサムキュアピジョンとキュアマリンキュアプディングのイラストの入ってるのは本当は裏表紙なんですが、かわいいのでこちらで紹介w)

このゲームはアニメ「ハートキャッチプリキュア」がベースではあるけど、「新世紀RPG」と同様に元作品の世界を精密に再現するのが目的ではなく、似たような世界観の中でプレイヤー同士でストーリーを創り上げていくという点で一般的なTRPGとはやや違った構造を持っています。

基本的なプレイの流れとしてはGP(プロデューサー、一般的なRPGでいうところのGM)がシーンを提示し、プレイヤーたちがそのシーンでの活躍度合いを競り合ってそのシーンを「取った」プレイヤーがストーリーを繋げていきます。カードは特別なセットではなくトランプを使用します。

キャラクターには若干の能力値設定はあるものの、これはシーンの取り合いに使うもので、一般的な能力値やスキルによる成功判定的なものはありません。場面場面で主役になれば一定の制限内であれば自由な描写が許されます。

この辺は好みの分かれるところでしょうが、既存のRPGがいろいろな判定をルール化しているために却ってプレイヤーの創造(想像)する余地を狭めている印象を受けていた私は「新世紀RPG」と出会ったときに大いに感銘を受けたものでした。

当時、「新世紀RPG」を一緒に遊んだ王さま、王妃さま、S.G.さんとは時間的、空間的な制約で最近は一緒に遊べてないのですが、天使の代わりに干支が攻めてきたあのキャンペーンは楽しかったw 
機会をつくって「ハト☆プリ」もやってみたいものです。

参考:
ハト☆プリRPG紹介
http://www004.upp.so-net.ne.jp/tokeneko/doujin/ck78_1_100815.htm
笹吉横丁&金星楽団コミックマーケット79刊行物
http://www004.upp.so-net.ne.jp/tokeneko/doujin/ck79.htmハト・プリTRPG プレイ記録 新番組『ホリディ・キャッチ ジョブキュア!』
http://togetter.com/li/97918
posted by AMI at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
娘がプリキュアシリーズを全部見ています。
コスプレ服も数枚買わされた。
このゲームを持って帰ったら喜ばれるかな?
Posted by オデッセイ at 2011年01月27日 00:10
基本ルールは小さなお友だちでも遊べるようになってるので、お話とか考えるのがすきな子なら楽しめると思いますよ。
今度来られるときにどんな感じか試してみます?
Posted by AMI at 2011年01月27日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42722623

この記事へのトラックバック