# # # #

2011年05月12日

星矢の拳 Millennium Edition (同人)

「聖闘士星矢」における聖闘士(やその他の戦士)同士の戦いを再現する同人カードゲーム。1990年頃に発売された原形を、許諾を得て星矢の拳プロジェクトがリバイズドしたものがMillennium Editionだそうです。プレイヤーはキャラクターの一人を担当し、所属する陣営の勝利条件達成(概ね敵対する陣営の全滅)を目指します。

SeiyaCover360.jpg

SeiyaChara360.jpg

キャラクターカードはプレイヤーが成り代わる聖闘士や他の登場人物を表します。雑兵など一部例外もあり。名前、陣営、基本能力、特殊能力、持ち技などでキャラクターの個性をかなり細かく表しています。
キャラクターは基本ランダム引きかつ裏向き(非公開)配置で開始して、ダメージを受けるか、特殊能力やイベントで正体は秘密でプレイします。

SeiyaPlay360.jpg

プレイカードは実際にプレイに使用するカードで、技カード、防具カード、アクションカード、イベントカード、オープンカードに分かれます。
技カードは作中で使用された個々の技を表しますが、条件(レベル)を満たしていれば自分の持ち技以外でも自由に使えます。レベルが足りない場合は精神力チェックを使えば使用できます。このため、強いキャラが基本的には強いのですが、有効な技が来ない間に番狂わせが起こるような要素もあります。
防具カードが聖衣やその他の防御装備を表し、防具のレベル以下の技による攻撃を防いでくれます。ただし、同じレベルの技を受けた場合はその攻撃は防ぐものの防具自体は破壊されます。防具も基本的に自分のものでなくても使えるのですが、黄金聖衣のみは自分のものでなければ装備および攻撃命中時にチェックに成功しないと脱げてしまいます。中には特殊能力で自分の聖衣なのに脱げてしまうマンモス哀れな人もいます(涙)。
アクションカードは技以外の距離変更や回復などの行動を表します。
イベントカードは作中で起こった多様なイベントのうち、プレイヤーの意志で発動させられるタイプのものです。相手の特殊能力を無効にしたり、互いに聖衣を脱ぎ脱ぎして素っぱで戦ったり等。
オープンカードは強制イベントで引いたら即効果を発揮します。小宇宙燃焼のような自分に影響のあるカードとゲーム全体に効果が及ぶものがあります。

陣営分けとかがあるので原形は探索のない「超人ロック」的な方向性だったのかもしれませんが、Meの基本ゲームはもうちょっとざっくりしたバトルロイヤル的なものになっていて、プレイ自体を楽しむことに重点が置かれゲームバラスはプレイヤーにお任せ的な処理になっています。一応、シナリオとして青銅聖闘士4+1人による十二宮突破や銀河戦争などのシナリオも用意されています。このへんは好みの分かれるところだと思いますが、あまりガチガチにつくって各キャラクターが裏向きのところから特殊能力で予想しあうようなものよりは今の構成の方が私は好感が持てます。

最初のセットでは、物語の開始時から黄金聖衣との戦いまでをアニメ版オリジナルのキャラクターも含めて収録されています。これだけでも、キャラクター74人、アクションカード300枚という大ボリュームのゲームになっています。
その後のオーディン(アニメオリジナル)&ポセイドン編、ハーデス編、そして映画編などの拡張セットも出ていますが、さすにがその後の同人原作モノやシュラトバージョンにはついていけなくなって挫折しました(当時はまだ冥王神話とかはなかった)。

ホームページはなくなってしまったようなのですが、サークルさん自体は現在も活動されているようなので、コミケやゲームマーケットで入手可能みたいです。
タグ:星矢の拳
posted by AMI at 06:30| Comment(10) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
ああ、これ持ってたなあ・・・
確か、今は亡き名古屋のゲームショップ「レッドバロン」で購入した記憶が。
探せば未切断のものが出てくるかもしれませんw
最も、自分のはこんな綺麗なカラーじゃなくイラストももっとナニだったような気が??w
・・・まあ、大昔の物だから仕方が無いと思いますけどねw
Posted by にしき at 2011年05月13日 00:55
未切断ということはオリジナルの方ですね。レッドバロンはそういうものも扱っていたのですか。侮れない。
Posted by AMI at 2011年05月13日 21:31
てか、黄金聖闘士よりも特殊系のキャラの方が
その特殊能力故に強いという、
なんだか理不尽なレーティングだったような…。
Posted by Fabius at 2011年05月14日 00:49
主人公青銅5人と黄金以外で強キャラっていましたっけ? 基本セットだとアルゴルかな?
Posted by AMI at 2011年05月14日 01:25
エキスパンション#3にガチ対戦用のポイント評価値が載っていたので確認してみました。主人公青銅(4〜6点)、黄金(7〜10点)以外で点数高いのはアルゴル(石化の楯持ち)と教皇(双子座サガの覆面状態)とギルティー(一輝の師匠)が6点でした。5点だとシャイナさん(ドロー2倍)とか暗黒ドラゴン(二人羽織なので体力が異様に多い)当たりも強いかも。
あと、黄金聖闘士の強さの一部はゲームでは聖衣の強さに依存している部分があるので、防具がデフォで付いてこない状態だと作中より差は小さく感じるようになってるとは思います。
Posted by AMI at 2011年05月14日 07:09
黄金聖闘士は、
攻撃力は強いのかも知れないけれども、
やられだしたら
青銅聖闘士とかとあまり変わらないんじゃないの?
などと思いながらプレイさせてもらった記憶が…
(「老師」を引いて、
「これって強いんじゃねえの(ドキワク)」
とかしてたらあっさり死んじゃったような、
そんな感じ)。
Posted by Fabius at 2011年05月14日 13:32
確認してみましたが、爺体の老子は天秤座聖衣しか使えないんですね。これはレベルと精神力がどんだけ高くても死ぬわ〜。ご愁傷様です。
Posted by AMI at 2011年05月14日 18:54
そっかー、
私の記憶が正しかったことは証明されたが、
悲しい記憶が掘り起こされただけのような気が…。
Posted by Fabius at 2011年05月16日 22:36
楽しい記憶を作って上書きしてください
Posted by AMI at 2011年05月17日 00:45
あー、それは人生の極意ですね。
Posted by Fabius at 2011年05月17日 18:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45105639

この記事へのトラックバック