# # # #

2011年05月18日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2011年5月15日

参加者:11名
プレイしたゲーム:フライングタイガース(国通)、Combat Commander: Europe (GMT、2戦)


3月から改めて旗揚げされた大阪南方軍集団さんによる和泉歴史ゲーム研究会に参加してきました。
天王寺まで出て、地下鉄と泉北高速を乗り継いで終点の和泉中央駅まで。少し早めに着いて駅構内の撮影など。

会場は商業施設に隣接して立てられていて、駅から近いだけではなくマクド、吉野屋、弥生軒、サイゼリヤ等々周辺環境は充実してました。

まずはさばさんとフライングタイガース(コマンドマガジン94号付録)。ランダムでさばさんが連合軍、私が日本軍担当。発売直後にプレイしたときは連合軍だったので、日本軍は初プレイ。中国方面に少数の兵力を割きつつ、主力はラングーン制圧に投入。連合軍もビルマに展開していたフライングタイガース他をそのまま投入してきて大空中戦となるもなんとか連合軍機を駆逐。ラングーンはなんとか撃破したものの、1の基地の爆撃に失敗して1ターン足止め。
第2ターンに増援を2個振りにして加藤隼戦闘隊(飛行第六四戦隊)の召集に成功。引き続きラングーンに主力を投入しつつ、レーダー破壊の効果で連合軍の手薄なところに戦闘機隊を増派して徐々に支配地域を広げていく。
第3ターンにラングーンの占領に成功後は主力を中国方面に振り分ける。中国空軍の低調な稼働率もあって日本軍の得点源になってくれたものの、主力を北にもっていきすぎた隙を突かれてラングーン上空にフライングタイガースが殴り込みを掛けてきて、97戦2個戦隊が吹き飛ぶ大損害を受けて一時的にラングーン上空を明け渡すというかなり厳しい展開になってしまったが、最終ターンに薄く広く展開する作戦に出て期待通りの爆撃が出来たので、かろうじて+1点で勝利できました。

110515a.jpg
(フライングタイガース:終了時の盤面)

序盤の戦力配分がよくわからなくて結構兵力を無駄にしてしまったけど、早々とやってきた加藤隊長の活躍がそれを補ってくれました。加藤隊長は以前連合軍をやったときかなりやっかいに感じて、そういう部隊は得てして味方になると活躍してくれないものですが、今回は額面通りの活躍を見せてくれました。

その後、さばさんがCombat Commanderに付き合ってくださるというのでインストプレイ。シナリオ1で、赤軍の方がお好みということなので、私がドイツ軍を担当。序盤、ドイツ軍がダッシュに成功して5番の建物を確保。赤軍は主力を道路を挟んだ森に展開して射撃体勢に入るものの、早々に機関銃が故障→破壊というお約束のコンボが炸裂。機関銃抜きでの射撃戦は埒が開かないと見取った赤軍は4番の建物を確保語、突破部隊を前進させ、突破を抑えるために配置されたドイツ軍支隊に白兵戦を敢行。意図的に溜め込んでいたわけではなかったのですが、たまたま手元に待ち伏せが2枚有り、これは勝ったかと思ったら、赤軍からも待ち伏せ2枚出て来てダイス勝負になるも振り負け。この除去は痛かったけど、先んじて主戦線から部隊を派遣したいたこともあり、なし崩しに突破し放題にはならずに済み、最初のサドンデス判定で終了してドイツ軍勝利。

110515b.jpg
(CC:E 一戦目:終了時の盤面)

昼食を挟んで、いちねんせいさんにもCombat Commanderのインストプレイ。ドイツ軍が格好いいということで、私が赤軍担当。序盤、かつてないほど両軍とも手札が事故って5ターンぐらいお互い捨て札の応酬(片方の軍だけ事故るのは割とあるのですがね)。ようやく移動カードを引いたと思ったら、ドイツ軍もその直前に移動カードが来ていて先に5番の建物に入られる。さらに4番の建物も取られ、目標地点5つ中4つを抑えられる苦しい立ち上がり。主力部隊を森の際に展開させて射撃戦を挑むものの、前のゲームを再現するかのような痛恨の故障→破壊コンボが炸裂。森の際に並べて射撃隊形を作って攻撃するものの、建物に籠もった上に撃っても撃っても隠蔽カードが出てきて射撃の効果が上がらない。そうこうするうちに偵察イベントでドイツ軍の目標チットが明らかになったのだが、5箇所の目標が各3点(4箇所抑えられているのでドイツ軍+9点)。それは手堅く守ってきますわな。増援で火力12の歩兵砲が登場した上、タイムマーカーもかなり進んでいたので突破方針に切替、終了判定一回目はくぐり抜けて2ユニットが突破したところで残念ながら時間切れ。ドイツ軍が優勢ですが、まだロシア軍にもチャンスはあるかなという感じでした。

110515c.jpg
(CC:E 二戦目:終了時の盤面)

直前の参加表明だったにも関わらず、がっつり3ゲームプレイできて充実した1日でした。CC:Eのインスト2回はさすがにちょっと疲れましたが、幸い相手してお二方とも好感触を抱いていただいたようで、良かったです。ただ、インストのやり方は改良の余地がありかなぁ。自分はもうかなり慣れてしまったので必要としていなかったんですが、プレイ中に参照しやすい早見表的なものを整備した方がいいかなと感じました(宿題)。

他卓の様子はあまり見られなかったのですが、IMUさんの西南戦争のCDSのテストプレイ、No Retreat!、ダガースラスト:パットン(3回?)、スエズを渡れ!(SPI/HJ)等がプレイされていたようです。
posted by AMI at 07:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
》故障→破壊
これは痛い…(涙)。
Posted by Fabius at 2011年05月18日 18:27
はじめまして、麦と申します。

和泉歴史(ゲーム)研究会にお越し頂き、
ありがとうございました。

その時はろくにお話もすることが
できませんでしたが、
またご都合が付けばお越しください。

そして私にもCombat Commanderインスト
してやってください。

Posted by 麦 at 2011年05月19日 08:50
>>Fabius閣下
赤軍の軽機と中機は破壊率が高いので起こりやすいことではあるんですが、やはりきついです。

>>麦さん
ご丁寧にありがとうございます。CCに興味を持っていただけたようで嬉しいです。
毎回は難しいと思いますが、また行きたいと思ってますので、そのときはよろしくお願いします。
Posted by AMI at 2011年05月20日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45252712

この記事へのトラックバック