# # # #

2011年09月21日

和泉歴史(ゲーム)研究会 2011年9月18日

参加者:10名
プレイされたゲーム:ドイツ戦車軍団ハリコフ(エポック/国通)、スエズを渡れ(SPI/HJ)、日露大戦(国通)、アゾフ海戦記(仮)、Combat Commander: Europe (GMT、2戦)、バルジの戦い(SSバルジ、翔企画/国通、2戦)、ドイツ装甲軍団モスクワ'41(国通)、信長最大の危機(GJ)、7 Wonders



本日は朝方所用があったので、開場時間より遅れて会場入り。私が到着した時には、ハリコフ、スエズを渡れ、日露大戦がプレイされていました。
ハリコフでさばげ隊長さんと対戦されていたSさんが不利な状況から果敢な反撃で逆転勝利をもぎ取られていたのが印象的。

昼食後、そのSさんと対戦することになり、自分の持ってきたゲームを挙げるとCombat Commanderに興味を持っていただいたのでインストプレイ。シナリオ1でドイツ軍を担当していただく。ソ連軍の移動が比較的うまくいってわりと早いタイミングで5番の建物に籠もったドイツ軍の指揮官+機関銃スタックが吹き飛んだので仕切直し。
Sさんの希望により同じシナリオを同じ陣営でもう一度。目標チットの関係で4番の建物が争点になるが、ドイツ軍が満を持して白兵戦を挑んできたところ、折良く手札に待ち伏せが2枚あり撃退(ドイツ軍は1枚あった)。加えて浸透が3回も出るなどイベントの流れがソ連軍有利だったので、最初のサドンデス判定でVP勝ち。
結果は一方的になってしまったが、面白かったと言って貰えたので良かったかな。

110918a.jpg

(仮称)アゾフ海戦記はIMUさんの新作で、1941-42年のクリミア半島を中心にした東部戦線南方の戦いをテーマにしたCDSゲーム。ドミニオン的なカードを選択して追加するという要素が加えられています。U野氏とテストプレイが行われていました。

110918b.jpg

最後に概ねメインのゲームが終わって手が空いた7人で、世界の七不思議[7 Wonders]を7人プレイ。拡張キットの「リーダー」もあったのですが、初プレイの方もいたのでバニラで。ランダムで座席決めをしたら、右隣がU野氏、左隣が和伊愛氏というイジメかという席順にw
担当がバビロン(A)だったので不思議建設+科学路線を試みる。科学はいい感じに伸ばすことができたものの席順の不利は靴がし難く、1点差の2位。勝ったのはロードスなのにコロッサスの土台しか作らなかったIMUさん。
面白いゲームだし、短時間で人数に融通が利くのはいいけど、ガチゲーマー向きじゃあないかなw

(終わらないので暫定更新。写真は後日追加予定)
タグ:CC:E 7 Wonders
posted by AMI at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48055886

この記事へのトラックバック