# # # #

2007年08月04日

TSS例会 2007年8月4日

参加者:10+
プレイされたゲーム:宇宙の戦士、ドイツ装甲軍団スモレンスク、甲越軍記、鎮西軍記、最前線、SSバルジ他
本日はYENさんとAH「宇宙の戦士」の約束。
SSTbox.jpg
(悪名高いボックスアート)

まずは事前に準備していたシナリオ5B。私は地球連邦側で損害を受けた機動歩兵を撤退させるのが目的。アレクニドは地球側の脱出の阻止で、このシナリオでは地球側ユニットの損失、捕獲、脱出のみが得点の対象になる。
地図の南西部を区切る山脈で敵の重火器を無効にしつつ、その両側に降下船を着陸させる計画で臨む。
蜘蛛共の埋設爆薬で損害を受けながらも散開していた負傷兵を少しづつ集結させて防御態勢を取る。4名ほどの戦友が捕獲されてしまうが、敵2個頭脳の戦闘蜘蛛をほぼ潰滅させることに成功する。
そして、この2個頭脳が南方に展開可能な戦力であったようで、あとは第7ターンに着陸した降下船に二個重火器で攻撃を浴びせるのが精一杯だったもよう。1/6で降下船を破壊することができたもののこの攻撃は外れて残存していた機動歩兵隊は完全撤収に成功、地球側の圧勝となった。
SST1.jpg
(1戦目終盤。最後の攻撃を試みる蜘蛛のレーザー砲塔(赤))

二戦目はミッションシナリオで戦争前半の戦い。ガス惑星での戦い。陣営を入れ替えて、私が蜘蛛を担当。ミッションシナリオは自分で評価点を基準にポイントを支払う形で部隊を編成するのだが、よくありがちな、X点以内で部隊を選ぶという方式ではなく、両軍が秘密に編成した部隊の評価点の比率で勝敗バランスが修整されるという形なる。任務に合わせて必要最小限の部隊を編成する必要があるのだが、任務は地球側のみに与えられており、蜘蛛は限定的な情報から敵の目的を推定しつつ部隊を編成しなければならない。結局、3個の戦闘頭脳からなる一個集団を編成した。
しかし、地球側の任務は牽制攻撃であったようで、一番最初に出撃させたアレクニドレーザー砲を撃破すると悠々と引き上げていった。ベースの評価点でもこちらの方が多数を投入しており、圧倒的敗北となった。

三戦目は陣営そのままに戦争後半の戦い。戦場はヒューマノイド惑星。敵の任務はヒューマノイドのインフラの防備か、ヒューマノイドを連れての脱出。こちらは相変わらず3個戦闘頭脳からなる一個集団を編成。ヒューマノイド都市のごく至近にトンネル網を形成し、攻撃用爆薬を使って次々と爆破していく。勇猛果敢に出撃していった戦闘蜘蛛たちは一定の戦果を上げながらも、次々と核ロケットランチャーの餌食となって殲滅されていく。
終盤ついに機動歩兵隊がトンネル網に進入してくるが、第一波は事前に準備していた爆薬で分断して撃退。時を置かず第二波が突入してくる。残った戦闘蜘蛛は2体。爆薬はすでにない。危ういところであったが、地球側が襲撃を警戒して集団で移動したため、トンネル網を走破しつくす前に時間切れとなり、なんとか勝利することができた。
SST2.jpg
(三戦目の終盤。トンネル内に入った機動歩兵を襲う戦闘蜘蛛(赤))

ランダムシナリオなので二戦目のようにあっけない戦いになってしまうこともあるが、三戦目はなかなか白熱して面白かったです。
プレイヤーとしては2勝1敗。陣営の戦績は地球側が2勝1敗でした。

その他のゲーム。
みねさんとTSSのHさんがスモレンスク二番勝負を演じていましたが、勝敗は1勝1敗。陣営としては赤軍が二勝だったようです。その後、残った時間でSSバルジをやっていたようです。

錦大帝さんとのるとさんは甲越軍記をプレイされていました。中盤以降、のると景虎が暴れまくったようですが、最終ターンにお互い入道した状態で決戦となり、錦信玄がのると謙信を討ち取って華麗な逆転勝利を納めていたようです。
Koetsu.jpg
(甲越軍記)

鎮西軍記の関白動座をはるぜひさん島津、ながわさん秀吉でプレイされていました。豊臣方はじめてのながわさんが兵力配分で苦労していたようです。

TraJanさんと軍団総長さんは手榴弾投げゲームとして有名なバンダイの最前線をプレイされていました。しかし、手榴弾戦になるのは市街戦で互いに近接すれば当然のことで、野外での戦いではちゃんと銃撃戦になっていたようです。
その後、上海事変の同人ゲームをプレイされていたようです。
posted by AMI at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
密かに『宇宙の戦士』同盟が結成されそうな勢い(←笑)。
Posted by Fabius at 2007年08月11日 23:29
他のゲームのついでに名前を挙げただけで、引き合いがあるとは思ってなかったんですがね。縁は異な者ですw
Posted by AMI at 2007年08月12日 03:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4922568

この記事へのトラックバック