# # # #

2011年12月30日

[銀河のチェスゲーム]プレイの例

「銀河のチェスゲーム」は銀河英雄伝説のストーリーを会戦主体で再構築するカードゲームです。プレイヤーは銀河帝国と自由惑星同盟に陰から勢力を伸ばす、戦勝国で優勢な派閥を形成することを目指します。

以下は、4人プレイのプレイヤー1視点からのサンプルゲームです。

セットアップはドラフト・オプションを使用。ドラフトの例の配置をそのまま使います。

replay01a.jpg

第1ターン
 命令判定のダイスは3。強制出撃ではないのでとりあえずカードを引く。引いたのはムーア。同盟の頭数は揃っているのでとりあえず手札に保持。

第2ターン
 アル・サレムを引く。なんという同盟の流れ。1ターンに配置できる人物は1枚なのであまり溜め込んでも仕方がないしムーアを配置。

第3ターン 第三次、第四次ティアマト会戦
 ファーレンハイトを引く。帝国は陣容薄いので即配置。
 プレイヤー2が命令判定で6を出し、初の出撃。PL2は総司令官ブラウンシュバイク公以下、メルカッツ、ラインハルトに陸戦隊のオフレッサーを加えた4部隊すべてを出す。必ずしも出撃枠の全部を自派閥で埋める必要はないが、ラインハルト、メルカッツと強い提督が揃っている上、ブラウンシュバイク公も防御はそれなりにあるのでここは戦果の独占を目論む。迎え撃つ同盟軍はプレイヤー3と4の混成で、総司令官シトレ以下、クブルスリー、ボロディン。
 先手を取った帝国軍はラインハルトがボロディンを撃破、メルカッツは不発に終わったものの、オフレッサーを狙ったシトレ元帥が返り討ちに遭い、同盟軍は一方的に2部隊を失った。
replay02.jpg

 続くプレイヤー3も出撃。帝国軍ミュッケンベルガー、ミッターマイヤー、フォーゲル対同盟軍D・グリーンヒル、クブルスリー、ウランフ。ミッターマイヤーがグリーンヒルを撃破するもミュッケンベルガーとフォーゲルが撃破される。
replay03.jpg

第5ターン
 ブロンズを引いてアルサレムを配置。
 プレイヤー3がイゼルローン攻略イベントでヤンを獲得。ヤンは単に数値的に強いだけでなく、対応するイベントカードを持っていないと、除去されても山札に戻る能力を持っているので実にやっかいである。
 プレイヤー4が出撃。PL4は同盟軍にウランフという強力な提督を持つが、同盟で出撃すると他のプレイヤーの出す帝国の陣容がどう考えてもやばいので、帝国軍出撃を選びレンネンカンプでお茶を濁す。PL1がロイエンタールとファーレンハイトを投入。あくまで自分の同盟勢力を温存したいプレイヤー4(階級がみんな同じなので先に出したレンネンカンプが総司令官)は敵プレイヤーにPL1を指名。PL1は逆に弱体な提督を自分で倒して得点にしてしまおうとルフェーブル、パストーレ、ムーアを出撃させ、目論見通りこれを全滅させる。

第6ターン
 強制イベント「帝国領侵攻作戦発動」を引く。クブルスリーが出撃してレンネンカンプと対峙するが双方被害なし。

第7〜10ターン
 イベント効果で大きな会戦は発生しないが、ビュコックがリッテンハイム侯爵と交戦して返り討ちに遭うという悲喜劇が…

第11ターン
 アムリッツァ星域で両軍9個艦隊同士が激突する決戦が発生。帝国軍はビッテンフェルト、ミュラー、オフレッサー、レンネンカンプ、ワーレンを撃破されるが、ビッテンフェルトはシャトルカードで、ミュラーは特殊能力で脱出する。一方、同盟軍はホーランド、ルグランジュ、アルサレム、アップルトン、フィッシャー、モートンを失った。
replay05.jpg

第13〜15ターン
 13ターンにキャゼルヌを得る。カードを引く枚数が(制限つきながら)2枚になるというある意味最強の人物である。
 イゼルローン回廊を巡って2度の会戦があり、アッテンボロー、ミュラー、ファーレンハイト、グエン、メルカッツが戦没する。

第16〜17ターン
 16ターン、プレイヤー4の手番でリップシュタット戦役勃発。貴族連合は家族を人質に取られたミッターマイヤーを含む6個艦隊、救国軍事会議は2個艦隊が参加。しかし、第17ターン中に両国とも内乱を平定。得点にならない内戦での交戦を嫌ったためミッターマイヤーは生き残って帰参する。

第18ターン
 ヤンを査問会にかけた上でガイエスブルク移動作戦を実施するもクブルスリーとコーネフを撃破するに留まる。

第19ターン
 プレイヤー4が地球教徒の策謀を出し、キャゼルヌの働きで溜め込んでいた手札を均されてしまう。

第20ターン
 第4山突入1枚目にてラグナロック作戦発動。イゼルローン回廊にはロイエンタールを司令官とする3個艦隊が派遣されるが、斉射三連を使ったヤンの攻撃によってロイエンタールは戦死してしまう。

第22ターン
 ランテマリオ星域で6個艦隊同士の決戦が発生。帝国軍がラインハルト、キルヒアイス、ミッターマイヤー、メックリンガー、アイゼナッハ、シュタインメッツ、シューラーという堂々たる顔ぶれに対し、同盟軍はヤン、カールセン、ザーニアル、ユリアン、シェーンコップと戦力定数を満たせない状態。カールセンがキルヒアイスを撃破して気を吐いたものの、ヤンがラインハルトに撃破されて同盟軍に★2個クラスの有力提督がいなくなったため、同盟崩壊でゲーム終了。
replay06.jpg

我らがプレイヤー1は同盟軍の撃破では筆頭の戦績を挙げたものの、生き残った人材が少なくプレイヤー3陣営に及ばず2位。

帝国派閥得点
13 プレイヤー3(勢力7、戦功6)
12 プレイヤー1(勢力3、戦功9)
8 プレイヤー4(勢力4、戦功4)
7 プレイヤー2(勢力1、戦功6)

replayED.jpg

皇帝が孤立していて、大勢力のPL3陣営は頭はミッターマイヤーであるものの嫌な面子が揃ってますね。平和になるとこの派閥内での権力闘争が始まりそうな…

参考:同盟派閥得点
10 プレイヤー3(勢力0、戦功10)
5 プレイヤー2(勢力3、戦功2)
2 プレイヤー1(勢力1、戦功1)
2 プレイヤー4(勢力0、戦功2)
posted by AMI at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52613891

この記事へのトラックバック