# # # #

2011年12月31日

「坂の上の雲」完結記念

本日再放送で最終回をもう一度みたので、日本海海戦のゲームをするべかなと思ったのですが、純粋海戦ゲームはもっていないので、手前味噌ですが、「突撃ウラジオストック」で完結記念ソロプレイしてみました。

長いので続きからどうぞ。

3人プレイ想定。

皇帝陛下のご命令によりバルト海艦隊を再編して3個戦艦戦隊が東洋へ派遣されることとなった。まだ各部隊が編制途上にあった第三ターン、旅順艦隊司令長官マカロフ提督戦死の悲報が届く。

第4ターンに第二戦艦戦隊がアレクサンドル三世とドンスコイの2隻で出航すると他の戦隊も遅れてはならじと後を追う。

第7〜8ターン、各艦隊とも移動カードが尽き、他の艦隊に石炭不足や機関故障を見舞うが、どの艦隊も入港してしのぐ。
シソイ・ウェーリキーとアプラクシンを加えた第三戦艦戦隊が移動を再開し、ナワーリンとオレーグを加えた第二戦艦戦隊も後を追う。スワロフ、ボロジノ等合計5隻もの増援を加えた第1戦隊も後を追う。先頭を行く第二戦艦戦隊が対馬に近付いた辺りで黄海海戦が発生、日本軍は戦艦三笠、敷島、装甲巡洋艦日進が損傷を受けて戦線離脱する。203高地の攻略によって旅順艦隊は潰滅したものの、第二艦隊の一部は未だ裏自訴ストック艦隊に対抗するため北部日本海に展開しており、日本軍は当初戦艦2隻、装甲巡洋艦3隻という弱体な戦力でほぼ同時に来着した第二、第三の両戦艦戦隊を迎え撃たねばならなかった。合戦第一日、日本軍は秘旗四九七号に基づく統一された射撃指揮によってロシア軍の戦艦アレクサンドル三世他、装甲海防艦1隻、装甲巡洋艦2隻を撃沈、対するロシア軍も春日を撃沈した。
運命の第二日。第三戦艦戦隊が来着、日本軍も装甲巡洋艦2隻が新たに合流した。そして、参謀秋山真之の作戦指導により下瀬火薬、伊集院信管、Z旗、T字戦法が炸裂。合戦2日目にロシア軍は戦艦2隻、海防艦1隻、巡洋艦1隻を、3日目に戦艦3隻、海防艦1隻を喪失する大損害を被ったが、かろうじて第三戦艦のオスラビアが水雷部隊の追跡も振り切ってウラジオストックへの入港に成功した。
合戦4日目、第一戦艦戦隊の残余アリョールとウシャコフは日本艦隊の集中攻撃を受けて全滅したが、ウシャコフが沈没寸前に放った砲撃によって戦艦富士も致命傷を受け沈没。しかし、最大の戦力を与えられながらこれをことごとく失った第一戦艦戦隊司令官のロジェストウェンスキー提督は皇帝陛下の怒りを買って要塞禁固に処せられたという。

thmb.jpg

いやぁ、それにしても自分で設定しておいてなんですが秋山参謀強すぎ。今回は日本軍の戦力が揃っておらず、逆にロシア軍はほぼ足並みを揃えてきたので通り放題かと思ったのですが全然そんなことはありませんでした。

勝利点
3点 第三戦艦戦隊(入港8点、損失-7点、撃沈2点) 
-16点 第二戦艦戦隊(損失-16点)
-18点 第一戦艦戦隊(損失-22点、撃沈4点)
posted by AMI at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52659956

この記事へのトラックバック