# # # #

2012年03月27日

リニア・鉄道館 2012年3月25日

TSS例会終了後、YENさん宅に泊めてもらい、翌日二人でJR東海のリニア・鉄道館へ。
開館以来1年経過して多少は人出がマシになったかなぁ?と思っていたのですが……甘かった!

120325a.jpg

名鉄とあおなみ線を乗り継いで10時半頃に到着したら、この有様。列は動いていたので実際にはそんなに待った訳ではないのですが、入り口から端までいって半分ぐらい折り返す程度の列でした。
まあ、開館一年で閑古鳥が鳴いているのも困るのですがw

入り口をくぐったホールにはシンボル展示として、C62形蒸気機関車、955形新幹線試験電車(300X)、MLX01形リニア車両が並んで展示。過去、現在、未来という感じでしょうか。試験車両だからなのでしょうが、リニアの車内は狭かったです。

120325b.jpg

120325c.jpg

120325d2.jpg

その先は巨大なぶち抜きホールになっていて、新幹線をメインに在来線の電車や機関車、客車なども展示されています。珍しいところでは、ドクターイエローこと922型試験電車や、かつて明治村にあった蒸気動車ホジ6014等も。残念ながら、JR東海と関係のない、東北上越関係の新幹線や、西が開発した500系はありませんw

120325i.jpg

120325e.jpg

120325h.jpg

120325f.jpg

120325v.jpg

120325k.jpg

120325l.jpg

120325m.jpg

120325n.jpg

さらに奥の方には収蔵展示という形でびっしり並べられて妻面(連結面)と説明版のみの展示車両も多数。

120325g.jpg

HOゲージのジオラマは名古屋を中心に東海道新幹線の走行範囲を再現しており、名古屋部分にはYENさんに縁のある建物もしっかり再現されていたようです。ここも結構人が集中していたのですが、じっくり見るコースと後方から通り抜けてあっさり見るだけの2コース用意されていて使い分けできるのはナイス。人気の運転シミュレーターも抽選システムが用意されていて、まったく並ばなくていいわけではないけど、ある程度混雑することに配慮されているのはグッドでした。

120325w.jpg

2Fは大部分が吹き抜けになっていて、1Fの展示車両を上から眺められるのと、小規模な企画展示、資料展示スペース等になっています。手すりにそってぐったりした親御さんが多数屍を晒していましたw

120325j.jpg

屋外展示は一部カットモデルになっている小型SLと、食事スペースとして提供されている117系電車(3両編成)。
120325x.jpg

120325y.jpg

その他、こんなイベントもやってました。
120325z.jpg

館内で駅弁を販売していてるのですが、なにぶん人が多く席が埋まってるし、何より駅弁は動いてる列車の中でこそ食べたいので、名古屋に戻って食事することにし、再びあおなみ線へ。

行ったのは愛知県産業労働センター地下の麺や六三六名駅店。2回目。野菜を煮込んだ濃厚スープと極太麺がウマイ。今回はつけ麺にしてみました(昔の日記をみたら前もつけ麺だったらしいw)。
ホームページを見ると関西にも結構店があるというか、元々関西系の店だったのかw

時間があれば、名古屋市交通局のレトロ電車館も回ろうかと思っていたのですが、リニア鉄道館で想定以上に時間がかかったので今回は断念して帰路に就きました。

帰りの特急券を買うとき、乗り換えが多いけど早く出るのと、少ないけど若干待ち時間がある方と聞かれて後者にしたんだけど、先に出る方が入線してきたら伊勢志摩ライナーだった(無念)。でも、最後に西大寺−奈良間で5分だけ伊勢志摩ライナーに乗れましたw

120325isl.jpg

リニア鉄道館自体は良かったです。実車の展示がメインでかつ中に入れる車両も多いのがいいです。贅沢をいえば寝台車も内部公開してほしいですが。後は人出ですかね。平日にいけるならその方がいいかも。
(写真をクリックすると拡大すると共に簡単な説明があります)
posted by AMI at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54656608

この記事へのトラックバック