# # # #

2012年05月27日

TSS例会 2012年5月27日

参加者:10名
プレイされたゲーム:When Lions Sailed (S&T #268, Decision)、Race to Kyoto 1946(同人)、日露大戦(国通)、西部戦線異状なし(GJ)、ベアズクロー(6A)

本日はみねさんに乗せてもらいTSSへ。
前回、起動テストに付き合ってくれたS.G.さんのリクエストで、When Lions Sailedを準備してプレイ。参加者と担当は、イングランド(AMI)、オランダ(S.G.さん)、スペイン(YENさん)、フランス(みねさん)。
選択ルールはなしで、5ターンの設定で開始。オーダーは時計回りだと席順の影響が大きすぎるので、イニシアチブプレイヤーを決めるのと同じ方法でターン毎に1〜4番を決めた。

120526a1.jpg

第一ターン、オランダが密偵を放ち、その顔色を伺いながらのキャンペーンカード(オリジナルコンポーネントはマーカーですが日本語カード化してあるので、カードと記述)の取引で開幕。砲手が2枚手に入ったのでよしとする。作戦フェイズは予算が少ないのであっさり終わるかと思ったが、そんなことはなかった。スペイン、フランスがさっくりカリブの財宝を持ち帰ってしまい、イングランドはプリンスルパートランドに向かう。だが、ここはしゃがまずにアンティルかヴェラクルスを占領しておくべきだった。私の希望と関係なく、世論が英仏対蘭西っぽい流れになった。
ターン終了時の予算:英91、蘭99、仏78、西109

第二ターン、インドの財宝を積んだ艦隊がオランダに拿捕された報復としてアムステルダムへ進攻。戦闘カードが一通り揃っていて自信があったのだが、指揮権の衝突カードを出されて叩き合いに。幸いオランダは砲手カードをもっていなかったが、単縦陣カードで確実に我が艦隊を減らす戦術を取られ出費の大きな勝利となる。そして、生き残った英艦隊はヴェルデ岬沖でフランス船団を拿捕しようとして返り討ちに遭い潰滅。そのフランス艦隊もスペインの掃討を受け、スペインがキャスティングボード握るがまだ動く時ではないということでターンエンド。
ターン終了時の予算:英233、蘭209、仏155、西179

第三ターン、敵艦を多数沈めていたおかげで王室海軍は回復を越えてすべての海軍ユニットを作りきる状態まで発展する。しかし、事情はオランダも同じわけで、抜き差しならない状態は続く。オランダ海軍は東洋から3個財宝船団を要する艦隊の帰国を伺うが、戦闘カードに自信がないのか、睨み合ったまま終了。
ターン終了時の予算:英116、蘭101、仏92、西259
120526a2.jpg

第四ターン、オランダは再びジャワ=インド船団のヨーロッパ帰還を策す。英艦隊はヴェルデ岬沖でオランダ艦隊を捕捉するが風上をとったオランダ艦隊はまさかの散開。トロンプ提督は単艦で財宝船団を護衛してアムステルダムに凱旋する。英艦隊はオランダ恐れずに足らずと見てそのまま南下してインド洋〜太平洋のオランダ植民地を破壊して回るが、おもむろにオランダが取り出したのは臨時編成で、新大陸の英国植民地も同様に破壊される。しかし、ヴェラクルス守備隊が6作戦フェイズほど粘ってくれたおかげで長躯東洋から舞い戻ったロイヤルネイビーは名将トロンプを欠くオランダ艦隊をアンティル諸島沖で捕捉。指揮権の衝突をお返しした上でこちらは砲手単縦陣を出してオランダ海軍を覆滅したとことでお時間。英艦隊は万全な戦闘力を維持しているとはいえ予算が底を尽きかけていたのに対し、ずっと大きな軍事行動を起こしていなかったスペインが100資金ポイント以上を保有しており、第4ターン打ち切りという前提で諸国のVPを計算しつつスペインが行動すれば特別勝利条件によるスペインの勝利ではないかという情勢。逆に、規定通り5ターンまでやれば、東洋から莫大な財宝を持ち帰ったオランダも全海軍が復活しそうな勢いなので、まだまったく情勢はわからない。
120526a3.jpg

面白かったけど、プレイ時間が長いのだけがネックですね。ただ、システム自体が機能してない訳じゃないので改変するのがいいのか悩ましい所ではあります。
今回は英蘭の追撃が温かったのもあるけど、スペインがのらりくらいと上手く立ち回っていた印象。英仏は防御的な戦略を強いられるのでヒャッハーしたい人には向かないかなw

見直して忘れていた点。
財宝船団を伴っている艦隊は現在地に関わらず作戦コスト1。東洋船団の帰還が楽になるので若干展開が変わるかも?

システム上待ち時間が短い上、忙しいイングランドだったので、他の卓の様子は終盤に思い出して写真撮った程度でほとんど把握できていません。

120526b.jpg
TraJanさんとT井さんの対戦

120526c.jpg
帝王さんとKMTさんの対戦

他に日露大戦とRace to Kyoto 1946がプレイされていたようです。

昼食は中華で食べ過ぎたが、夕食がビッグボーイでさらに食べた。けん方式の流行で御飯が食べ放題なのは良かったw
posted by AMI at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56101323

この記事へのトラックバック