# # # #

2012年07月28日

和泉歴史研究会 2012年7月22日

参加者:8名
プレイされたゲーム:Virgin Queen (GMT)、ドイツ装甲軍団マーケットガーデン(国通)、
ミッドウェイ海戦(学研、歴史群像)

他の参加者のレポート
  • 和泉歴史(ゲーム)研究会
  • ゲーマーいちねんせい が ゆく

    本日は直前まで予定が定まらなかったのでなりゆきで参加。

    やや遅れて会場入りしたが、私の到着した時点ではゲームは始まっておらず、今回は予期していなかったのですが、Virgin Queenをやることに。

    オスマン帝国 U野さん
    スペイン AMI
    イングランド IMUさん(多人数シナリオは初プレイ)
    フランス いちねんせいさん(初プレイ)
    新教徒 わむさん(初プレイ)

    第1ターン、スペインは魔術を使って新教徒からカードを引くと「フィリピン征服(4CP)」でこれは左うちわかと思ったら、その直後にオスマンの海賊で4ヒット!を喰らい、2VPと2カードを献上。手札4枚から引かれたのが「フィリピン征服」と「裏切り!(5CP)」で残ったのが1と2のカードという吐血もののダメージ。さらにローマ教皇がフランスに行ってしまう。それでも、神聖ローマの抱き込みに成功し、最悪発進は免れる。

    第2ターン、オスマンとは武装中立を保ちつつ、オランダの手当に力を入れる。ドン・ファンが登場早々オスマンによって早世させられる。イタリアからオランダへ陸軍を増強。ローマ教皇が帰ってきて、おまけでエリザベスを破門。弾圧に力を入れたので、一時はプロテスタント宗派スペースが結構減ったけど、すぐに押し戻される。

    第3ターン、神聖ローマが遅ればせながら、対オスマン宣戦布告。ドラグートを2度目の正直で今度こそ殺し、神聖ローマが陸で、スペインが海で攻勢を取るが、海上決戦はガレアス艦まで投入したオスマンの圧倒的な勝利に終わる。ブダを抜いた神聖ローマ軍は嵐でオスマン陸軍の救援を防ぎつつベルグラードを強襲するも届かず。スペインは「スバスチアン王の死」と「雄弁な大使」の組み合わせでポルトガルを同盟化。
    時間的に次ターンに行くのは無理だったのと、対オスマン大同盟を提唱してもほぼスペインしかメリットを得られない配置なので、オスマンを牽制するため以上の主張はせずに流れに任せた。
    ドレイクがいつものように水没していました。

    最終ターンの得点は記録し忘れていたのですが、オスマン24点、スペインが次点で17点(神聖ローマの増加分をカウントしてなかったので+1か)だったかと。実はこのとき、優勢勝利の発生が3ターンからと勘違いしていてオスマンの優勢勝利をコールしたのですが、正確には優勢勝利は4ターンからでした。
    ただ、スペイン艦隊がほぼ潰滅していたこともあり、第4ターンがあったとしたらオスマンの25VPを防ぐのは無理だったかと思います。


    オスマン172224
    スペイン141618
    イングランド81214
    フランス141114
    新教徒2714


    120722a.jpg

    今日はVQをプレイするとは思っていなかったので自分用のルールブックなどを持参しておらずやや準備不足でした。
    あと、お試しプレイのとき以来の5人プレイで、初めて自分でNPC勢力を担当したのですが、やはり独立した手札をもつ2勢力を操作するのは負担が大きい。それに見合うだけの利得はありますが。

    マーケットガーデンとミッドウェイ海戦は、隊長さん、麦さん、M次氏がプレイされていました。スペインとVQの進行で忙しかったので写真、詳細はありません。

    (7.28)リンク追加
    タグ:Virgin Queen
  • posted by AMI at 04:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.sakura.ne.jp/tb/57291272

    この記事へのトラックバック