# # # #

2007年10月13日

TSS例会 2007年10月13日

プレイしたゲーム:グリプス戦役
他の卓:宇宙から来た緑のもの、ナポレオン帝国の崩壊、ASSAULT〜現代機甲戦、1941
 今回は錦大帝さんと何かしましょうという話だったのですが、みねさんが3人目をやってもいいと言ってくれたので、3人いないとできない「グリプス戦役」(TDF同人)にしました。 
 三人とも特別に思い入れのある陣営はないようだったのでランダムに決定して、主役のエウーゴがみねさん、敵役のティターンズを錦さん、第三勢力で旧ジオン残党のアクシズ(ネオジオン)を私がやることになりました。シナリオは時間があったのでキャンペーン。ガンダムマーク2は既にエウーゴの手に落ちており、アニメの序盤数話から始まるという感じです。

 エウーゴはいきなりクワトロ大尉を地球に降下させようとしますが、いきなり大気圏移動チットが出てしまいチットが無駄になると言うオープニングでした。各陣営とも技術開発に大きな投資をしながら、小競り合いも各所で始まります。
 このゲームは移動がチット引きによるランダム順番なので、下手に戦力を分散しても各個撃破される危険が常にあり、敵が確実に来ないと判っている方面を除けば戦力を集中したキラースタックをつくる流れになります。
 序盤から中盤の流れは初プレイの錦さんが拠点の整備などでやや後手に回り、みねさんが優勢に地上の拠点を切り取っていきます。地上でわりと大きな戦いがあったに加え、ティターンズが早期にコロニーレーザーを建造しなかったことと、ZZチームの登場するサイド1についても強力に防御しなかったこともあり、宇宙はわりと平穏でした。
 まったりと地上で戦いが続く中、10ターンにアクシズがアクシズが地球圏に到着します。10ターン開始時のVPはアクシズ11点、エウーゴ22点、ティターンズ26点でした。
 ネオジオンという第三陣営が登場したことで、どの陣営も決戦を行って、漁夫の利をさらわれることを嫌い、戦闘を避けながら拠点固めに走ります。ネオジオンは勢力が弱体なこともあり、他の陣営の辺境の拠点をかすめとることはある程度見逃されていました。しかし、ここにひとつ歴史の転機となる事件が起こりました。ネオジオンの主力スタックのひとつが月方面に進出した際にエウーゴから次のターンに明け渡すからフォンブラウンの支隊を攻撃するのは勘弁して欲しいという交渉を持ちかけられ、了承してグラナダ方面に転進したにも、次のターンにはエウーゴは全軍を集結してフォン・ブラウンに籠もるという不誠実な行動をおこなったことは後世への教訓として書き残して置かねばなりません。
 このような非道を行ったエウーゴは15ターン開始時に38VPという高得点に達します。一方、ティターンズも負けじとグリプス2建造などを行い、16ターン開始時には39VPまで伸ばしました。この頃、ネオジオンのVPは25点にしか過ぎません。ここから逆転するのは厳しいと思ったので、ネオジオンに許された二大神罰、コロニー落としとアクシズ体当たりを行って楽しもうと、サイド5を占拠し、コロニーを地球軌道に落とし、アクシズは屈辱のフォン・ブラウンに向かいます。
 一番VPの高いダカールはエウーゴの度重なる攻撃で荒廃して得点が下がっていたため、加速されたテキサスコロニーはアフリカのキリマンジャロに落下していきます。そして、ネオジオンの主力とともにアクシズがフォン・ブラウン上空に達したところで時間切れとなりました。
0710_GW.jpg

 暫定的に終了時のVPを計算したところでは、ネオジオンが28VP、エウーゴが24VP、ティターンズが26VPでした。(17ターンのチットはまだ半分程度残っていたので情勢は流動的です)
 勝敗はともかくとして、最後にフォンブラウンを削ってエウーゴを引きずりおろせたので溜飲は下がりました。プレイヤーの性格にもよると思いますが、こういう原作付きのゲームでは主人公陣営が不誠実な言動を取った場合、悪役が同じ行動をした場合に比べて反感を買う度合いが高いので注意が必要でしょうw

 感想的には前回やったときとほぼ同じなのですが、よく練り込まれていて、製作者の意図した方向での完成度は非常に高いと思うのですが、時間がかかること、特に後半の大規模戦闘でダイスを振る回数が多すぎて煩雑なのが欠点かと思います。ただ、アニメの戦略級を精密にプレイしたい人には向いていると思います。
 自分から企画することはあまりないと思いますが、リクエストがあればまたやりたいです。

 今回のプレイについては、錦大帝さんの雑記帳にも記事が掲載されているので、興味のある方は参照されるとよいかと思います。

 緑のものはTraJanさんの操る乗組員が強靱な体力で長期の漂流航海を乗り切って生存に成功していたようです。他のゲームの展開についてはほとんど見る余裕がなかったのでわかりません。
posted by AMI at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
AMIさん、こんばんは。TDFのたちばなゆうと申します。

例会で、グリプス戦役をプレイして頂いたとのことで、大変光栄に存じます。
リプレイ記事を楽しく拝読させて頂きましたが、疑問に感じたことがあります。

1.ネオジオンは地球降下作戦を実施しなかったのでしょうか?
2.ティターンズは、建造したグリプス2のコロニーレーザーで、敵勢力を薙ぎ払うことを画策しなかったのでしょうか?

普段、TDFでプレイするとこの二つは特筆すべきイベントとなるのに特に記述が無かったので、ちょっと気になったもので…
お教え頂ければ幸いです。
Posted by たちばなゆう at 2007年10月18日 18:56
この作品のプレイに慣れたご両所に因果を含められたのと(コロニーレーザーを作ると荒れるよと)
また、私が一朝事在る時に備えて艦隊やMS部隊の整備を優先し、コロニーレーザーよりも比重を置くようなヌルい開発戦略を行っていたからです。
……そうでもしないと、ネオジオン陣営が面白くプレイ出来ないとの判断も在りました。
そして、最終的にはプレイに緊張感を与える為、VPを得んが為にコロニーレーザーを建造しただけの事です。
総ては私の良い加減なプレイの賜物です。
Posted by にしき at 2007年10月19日 23:10
たちばなゆうさん、にしきさん、コメントありがとうございます。

ネオジオンの地球降下についてですが、今回のプレイではロンメル軍団を宇宙に連れてくるだけの目的での降下となりました。主たる理由は作戦チットを宇宙に集中投入して主力スタックの運動機会を増やすということだったのですが、そう考える至った誤認識として、降下した宇宙戦艦を再度打ち上げることの困難を考えにいれていなかったので、次回ネオジオンでプレイする機会があれば、降下した部隊は地上で活動させることを前提にした戦力派遣が必要かと考えています。

コロニーレーザーについてはにしきさんがコメントしてくださってますが、建造されたターンが遅く前線に到達できず、他の勢力もそれがわかっていたので特に手出ししないという状況でした。今回、どちらかというと主戦戦が地球上であったため、建造タイミングが難しかったと思います。
Posted by AMI at 2007年10月20日 04:48
にしきさん、AMIさん、コメントありがとうございます。

グリプス2については、前線に出すとエウーゴ・ネオジオンが結託して叩きにくるので、たしかに出さないというのもアリかと思います。

ネオジオンについては、地上作戦しないという選択もありますが、宇宙のみだと行動チットが4枚しかなく全体として1手番損するのと、宇宙のみでVP&GPを稼ぐのが結構キビシイので、降下作戦を実施することが多いようです。

キャンペーンだと時間が掛かるのは重々承知しておりますが、またプレイする機会があれば、ご意見ご感想などお聞かせ下さいませ。
Posted by たちばなゆう at 2007年10月20日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5881771

この記事へのトラックバック