# # # #

2013年03月19日

薬師寺・東西両塔特別公開

薬師寺で東西両塔特別公開をやってたので行ってきました。薬師寺は多分、初めてではないはずだが、前回いつだったかは全く覚えていません。

薬師寺は藤原京の時代に創建された仏教寺院で、平城遷都の後、現在の奈良市西ノ京に移設されました。奈良時代から残っているのは現在修理中の国宝東塔だけですが、白鳳伽藍の再建を目指して金堂、西塔などが戦後再建されました。

130315j.jpg
参道

130315a.jpg
興楽門(北門)。

130315b.jpg
金堂(1976年復興)

130315c.jpg
東塔(国宝、奈良時代、修理中)。建物自体の内部も興味深かったのですが、今回の展示で興味深かったのは仏舎利です。本来の仏舎利は入滅した釈迦の遺骨や棺、灰等ですが、分配するにも限りがあるので、後には代替として宝石が用いられました。今回展示されていたものも赤い石が入っていました。

130315d.jpg
西塔(1981年復興)

130315e.jpg
東院堂(国宝、鎌倉時代)

130315f.jpg
玄奘塔(1991年)。西遊記のモデルとして知られる玄奘三蔵は薬師寺と興福寺が大本山となっている法相宗の始祖です。

130315g.jpg
玄奘三蔵院前の亀さん

130315h.jpg
線路越しに望む西塔と東塔(の覆い)

130315i.jpg
お隣の孫太郎稲荷神社のお狐さま

参考:薬師寺
http://www.nara-yakushiji.com/

追加:仏舎利の写真
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120701002502.html
タグ:奈良
posted by AMI at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63879997

この記事へのトラックバック