# # # #

2013年08月03日

幸村外伝(ツクダ)

「幸村外伝」はアドテクノスがデザインし、ツクダホビーから出版された戦国合戦シリーズの第一作。大坂夏の陣(1615年)における天王寺の戦いを再現する会戦級ゲーム。
史実のみにとらわれず、講談や映画などの一般的なイメージの再現を目指しているのが特徴。

ネット上でも複数のプレイ記録が拾えるなどツクダでは数少ない今でも人気があるゲームのひとつ。

YukiUnit.jpg

ユニットは騎馬隊、鉄砲隊、足軽隊、騎馬鉄砲隊(伊達軍のみ)に分かれる。将兵のイラストはルールブックの拡大図だと明確だけど、ユニット上では小さすぎて判別に不便。一部のユニットはその軍を指揮している武将の名前(真田幸村など)になっており、大部分のユニットは主将を表す○○隊という名前がついているが選択ルールの「武将の討死」を使わなければ影響はない。能力値は左から戦闘力、士気、移動力。徳川方は大軍だが概ね能力が低く、大坂方は高い士気によって数の差を補う。

手順は、プレイヤー毎に移動−防御射撃−戦闘の繰り返し。強ZOCで隣接したら戦闘結果でしか離れられない。
戦闘は射撃と白兵戦の2形式があるが、どちらも隣接ヘックス戦闘で、射撃はファイヤーパワー方式で攻撃側は損害を受けず、白兵戦は戦力差方式で相手が退却した場合、強制追撃。

YukimuraGaiden.jpg

シナリオは1本のみだが、秀頼の出陣、明石守重の奇襲、後藤又兵衛の生還、木村重成の生還、天王寺決戦態勢といった大坂方の出陣しなかった、あるいは緒戦で潰滅した部隊を追加する選択ルールがあり、また、おまけとして、家康が最後まで恐れたあの真田昌幸のユニットも入っている(ゲーム中最強の幸村よりさらに強い)。
そして、このゲーム最大のお楽しみである真田十勇士ルールがある。十勇士は家康暗殺、後方攪乱(増援を遅延させる)、影武者(真田幸村の除去を無効にする)、部隊指揮という4つの方法で徳川方を攪乱できる。徳川方も柳生宗矩や伊賀者、甲賀者を家康護衛、後方攪乱阻止に投入でき、合戦とは別のチャンバラが展開される。

勝敗は得点制で、互いのユニットの除去の他に、大坂方は家康の除去(200点!)と徳川家康の移動制限違反、徳川方は相手盤端からの突破と茶臼山の確保(50点)で加点される。

典型的な質対量の戦いで、精鋭の大坂方が最後は数の力に飲まれていく様は涙無しでは騙れない。一部コンポーネントの不行き届きはあるものの、今プレイしても遜色ないゲームであろう。

なお、歴史・戦史研究「ちはら会」さんでエラッタおよびオプションルールが紹介されているので参考にしてください。
http://chiharakai2005.at.webry.info/200604/article_2.html
posted by AMI at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71745332

この記事へのトラックバック