# # # #

2007年11月25日

サクラ会 2007年11月25日

参加者:?名
プレイしたゲーム:ZAKU、サパタの戦い、トワイライトインペリウム第三版
今日はみねさんに製作中のゲームのテストプレイにつきあってもらいました。

ZAKUはZERO!(Down in Flames)のシステムをベースにしたガンダム(一年戦争)の宇宙戦ゲームです。戦争後半の両軍の主戦機であるGMとリックドムのバランスを確認しました。
一戦目:最初は私がGM、みねさんがリックドム。GMは隊長機を撃破されながらも、列機が奮戦。リックドムの方は列機が撃破される。一機づつ損失で引き分け。
二戦目:陣営入れ替え。リックドムがGM2機を撃破。ドム側の損害は列機小破のみ。
三戦目:二戦目と同じ。リックドムが列機中破のみで、GMの列機撃破。GM隊長機は小破のみ。

みねさんのドローが悪かったこともあり、結果的にはリックドムの2勝1分。ドムは推力と破壊力で優り、GMはビーム兵器の火力で優るという設定にしたので先制で撃破できなければドムが有利になっていくバランスなので、まあ想定の範囲。
このゲームはもともとシステムとしては動くことは判っていたので、あとはキャンペーンシナリオの設定です。

サパタの戦いはナウシカ原作三巻のクシャナ率いる装甲騎兵による攻城砲群襲撃をテーマにしたゲームです。私がトルメキア軍を担当し、攻城砲を潰滅させるところまではいったのですが、城に帰還することができませんでした。勝敗は別にして全体的な流れに不満があったのでこちらは作り直しですね。
0711Zapata.jpg

そのあと、時間が余ったので、トワイライトインペリウム三版+SEの4人プレイに参加しました。最近隆盛を誇っているFFG社の看板ゲームで超巨大な箱にたくさんのフィギュアとタイルとカードが詰まっています。テーマとしては崩壊しつつある銀河帝国の諸侯の一人となって、新しい王朝の建設を目指すのですが、帝国の権威は完全に失墜している訳ではなく、今回はそのために帝国議会で私に対する公開処刑法案が可決され(どんな議会やねん)、最大限効果のある状態で喰らったので大変な目に遭わされました。
最下位のプレイヤーが勝ち目がなくって士気崩壊したということで終了になりました。見かけのVPではトップでしたが、上記の公開処刑で多大なるダメージを受けていたこともあり、逆転されるのは確実だったので展開については特に述べるところはないです。
ドイツゲーム的な味付けはされていますが基本はアメリカ式のマルチゲームなので、手練れ同士でガチプレイをすれば楽しいと思います。逆にギスギスすぜにまったりと拡大再生産が楽しみたい人はもっとしっかりしたドイツゲームを選んだ方がよいと思います。
(これはドイツゲームとアメリカ式マルチのどちらが優れているかということではなく、プレイヤーの向き不向きの問題です。念のため)
0711TI3.jpg

みねさんはヒストリーオブザワールド(旧版)の6人プレイに参加していました。最終ターンまで混戦で勝つ機会もあったようですが、押しつけられた国が悪く最下位に沈んでいたようです。

その他に、いろいろプレイされていましたが私の興味のないジャンルの非ウォーゲームばかりだったのでタイトルなどは不明です。
posted by AMI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7218824

この記事へのトラックバック