# # # #

2013年11月09日

第65回正倉院展

奈良国立博物館恒例の正倉院展に行ってきました。

Shosoin2013.jpg

正倉院は、奈良時代の聖武天皇、光明皇后の御遺愛品などを収めた東大寺の宝庫です。

今年の目玉はチケットの写真にもなっている漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)。上に乗せる香印が蚊取り線香の元祖みたいで面白かったw

毎回、個人的に注目している遊戯具は、今回は、壺の中に矢を投げ入れる本数を競う中国伝来の投壺用の「投壺」と「投壺矢」。そして、丸い玉を飛ばす構造の「漆弾弓」とアクション系でした。

その他、犀角の柄が鮮やかな色彩を保っていて綺麗でした。

毎度のことながら、観覧者が多いので、ゆっくり見てると三時間弱かかりました。

会期は明後日まで!
タグ:奈良
posted by AMI at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80282773

この記事へのトラックバック