# # # #

2014年01月01日

2013年回顧

新年おめでとうございます。
恒例になりました、私の2013年中の非電源ゲームのプレイ回数の集計です。

私のゲームプレイは他の人と「対戦」することに主眼をおいていて、ソロプレイはルール習得、作戦研究、検討調整用と考えているので回数には含めていません。

26↑ ヤマト2199シリーズ (盆栽ゲームズ、同人)
   スペースバーバリアン: 8☆
   彼らは来た: 8☆
   死中活有: 6☆
   デスラー暗殺計画: 3☆
   カ号作戦: 1☆
20↑ Combat Commander (GMT)
    Europe:11
    Resistance:3
    Mediterranean:2
    Pacific:2
    Battle Pack #2:1
    Battle Pack #5:1
10↑ 遣唐使の戦い (翔企画/国際通信社)
10↓ 数エーカーの雪 (Treefrog)
5☆ 進撃の大海人 (国際通信社)
5☆ ハガキのゲティスバーグ戦役 (国際通信社)
4↑ V作戦 (TSS, 同人)
4↑ Ancient World series (GMT)
   Carthage: The First Punic War: 4
3☆ Across the Pacific (PRP)
3☆ ルントシュテットの戦い (国際通信社)
3★ Flying Colors (GMT)
Flying Colors: 2
Serpent of the Seas: 1
3↓ 清盛には嫁にやらん (同人)
2↑ 決戦!ア・バオア・クー (もりつちのホームページ(同人))
2→ 戦国群雄伝シリーズ
   鎮西軍記 (SOLGER):2
2☆ Crown of Roses (GMT)
2☆ The Art of Siege
   Tyre: 2
2☆ 長篠・設楽原合戦 (国通)
2☆ アテルイ伝 (TSS)
2★ Viceroys (TF)
2★ アグリコラ
2★ 一年戦争
2★ F-16ファイティングファルコン (エポック/国通)
2★ 激闘関ヶ原 (ツクダ)
1☆ ランカスター
1☆ 群雄割拠 (同人)
1☆ AFRIKA (同人)
1☆ ティラミスティカ
1☆ Tank Show (同人)
1☆ トブルク強襲1942 (同人)
1☆ Stonewall Jackson in the Valley (AH)
1☆ 21輪の花 (同人)
1☆ 袋の中の猫
1☆ 旌旗蔽空 (HJ)
1☆ 成敗 (同人)
1☆ デーモンロード (Dwarfstar)
1☆ 連合艦隊 (バンダイ)
1☆ 無慈悲な鉄槌 (同人)
1☆ パーティジョイ銀河漂流バイファム (バンダイ)
1☆ Mr. Madison's War (GMT)
1☆ ヤマトC&C (同人)
1☆ Race to the World (同人)
1☆ エレファント
1☆ オムソバすけっと (同人)
1★ 三国盛衰記 (同人)
1★ レッドショルダー (ツクダ)
1★ 7Wonders
1★ マンマミーヤ
1→ レイルロードダイス
1↓ Virgin Queen (GMT)
1↓ クリーチャーズ
-------
145 総計

おまけ
29↑ カルドセプトDS
1☆ コリアンウォー
1☆ ブルラン

↑前年よりプレイ回数増加 →プレイ回数同じ ↓プレイ回数減少
☆初プレイ ★前回プレイは2011以前

ゲーム会参加回数
12→SOLGER
7↑和泉歴史研究会
3↑山科会
3↓TSS
2☆ウォーゲーム士官学校
2↓ともよ会
1☆犬鳴会
5 個人宅(合計)

 ゲーム会参加回数は、35回で前年より4減でしたが、プレイ回数は145回と一昨年と同数を維持できました。対戦してくださった皆様に感謝です。ゲーム的にはヤマト2199シリーズのおかげかな。私自身はもう少し大きめのゲームの方が好きなのですが、私の周囲でも最近は短いゲームの方がいいという人が確実に増えているので、ただ簡単なだけではなくベテランにもやりごたえのあるミニゲームの存在は有り難いです。
 それと、Combat Commanderのプレイ回数も持ち直すことができたどころか年回20戦は1年間の記録としては過去最多回数となりました。とても充実した1年でしたが、このシリーズに関してはこれだけプレイしてもやり飽きたということがないので、今年も優先的にプレイしていきたいです。
 去年始めてプレイして印象に残ったゲームは、連合艦隊、Across the Pacific、Mr. Madison's War、進撃の大海人あたりでしょうか。特に連合艦隊は長年の念願でしたしインパクト大きかったです。バンダイリスペクトは今後も続けていきたいので、バンダイのゲームを成仏させたいという人がいたら気軽に声をかけてください。
 あと、もう一つ個人的に嬉しかったのが遣唐使の戦いの再版です。戦略性とかはそんなになくて万人向きとは言えないかもしれないけど、このゲームを楽しく遊べる相手が身近にいるというのがとても嬉しい。
 というわけで今年も「ゲームはプレイする派」として積極的に活動していきますので、皆様どうぞよろしくお願いします。
タグ:回顧
posted by AMI at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦長私的記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83770104

この記事へのトラックバック