# # # #

2007年12月30日

第七三回有明まんが祭り(X+1日)

家主さまの出勤見送りもせずにごろごろ寝てすごす。
おかげさまで体調も良く、戦利品の検分をしたり、ネットを見たり、漫画を読んだりしてのんびりしてました。

夕食は近所の馬車道。明治調をモチーフにし、袴姿のウェイトレスさんがいることでその筋では有名なファミレスです。年末のせいか、人出削減かウェイトレスさんの数は少なかったです。文明開化ハンバーグステーキというシチューハンバーグのコースを食す。今日はまったく身体を動かしてなかったので苦しいぐらい満腹に(滅
散歩がてら周囲を歩き回りながら帰宅(単に道に迷っていただけという説もある)。

提督が帰宅したので、アップフロントをすることに。パトロールしかやっていないとの追加ルールの比較的少ない市街戦をすることに。
このシナリオはパトロールとそれほど違わないのだけど、兵士の一部がSMG装備で長射程では火力が減り、逆に接近すると火力が増える。そして、地形を占めることによるVPが建物に入っているときしか得られないのが特徴。

一回戦。担当は提督が独軍で私が米軍。相手は3グループ編成。こちらは2グループでモラルの高い4人を爆薬装備の前進グループにしてみた。
序盤、火力グループが鉄条網にはめられたところでドイツ軍の遠距離射撃が炸裂し、BARを持った兵士が昇天。いきなり窮地に陥る。
しかし、その後、建物カードを潤沢に引けたため、人数の多さで火力を補いつつじわじわ前進。ドイツ軍もなんとか前に出ようとするが、草原を押しつけられたり、河川にはめられたりしてなかなか前に出られない。極めつけは渡河したと思ったらその先に次の河川!
どうやら戦場は運河の街アムステルダムだったらしいw ドイツ軍火力グループが運河で立ち往生したまま潰滅し、米軍の勝利となった。
0712UpFront.jpg
(運河の先にまた運河!)

二回戦。陣営はそのまま。ドイツ軍は2グループ編成に改めた。米軍は人数は前回と同じ4−8だが火力グループを高いモラルにする。今度はドイツ軍の方が先に建物を確保しつつ前進に成功する。米軍もじわじわ前進しようとするのだが、火力を集中されあっけなくAグループ4名が昇天。劣勢を挽回しようと一応カードを整えた上で残った火力グループを前進させるも、今度はこちらが運河ハメを喰らうなど、待ちかまえていたドイツ軍の集中射撃を浴び分隊崩壊した。

三回戦。陣営はそのまま。編成も同じだったかな。射撃カードの不足に苦労しながらも、回復カードを潤沢につかってゾンビのごとく前進。いい感じに押し切った。

このシナリオは建物カードが引けないとがんばって前進しないといけないのが楽しい点でもあり、苦しい点でもある。劣勢側は起死回生の爆薬投げ込みを狙うのだが、今回はいずれもそこまで接近するまえに分隊崩壊に至っていた。

いい時間になったので就寝。

翌日へつづく
タグ:Up Front!
posted by AMI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東都遠征軍記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9060189

この記事へのトラックバック