# # # #

2014年03月24日

鎮西軍記対戦会 2014年3月23日

参加者:2名
プレイしたゲーム:鎮西軍記(SOLGER)

本日はクロダ氏宅にお邪魔して鎮西軍記杯の最終戦。

入札はクロダ氏が豊臣0点、私が島津4点でお互いに希望通りの陣営となった。

序盤、島津は義久、義弘、家久をすべて肥後に展開させ、日向は山田有信+α。対する豊臣は宇喜多を豊後に投入し、早期に豊後を制圧する。筑前方面の戦力が足りないこともあり、古処山城周辺の戦いは膠着する。実はこの時点で2回ぐらい島津主力の移動を忘れていて、殆ど負けを覚悟しながらやっていた。移動終了マーカーを持っていくべきだった。
140323a.jpg

日向も脅かされる情勢だったので、筑前戦線が突破される前に家久を後方に下げ、大隅経由で日向に戻す。注意していたにも関わらずここでもう一度移動を忘れる。肥後はほとんど抵抗せいずに明け渡す。八代城周辺で遅滞行動を試みるが、踏み止まった義弘に秀長パンチ3ヒットが炸裂。日向方面軍は佐土原城方面ではほとんど抵抗せざに薩摩へ引き上げる。退却の過程で山田有信が犠牲になったが、この働きで宇喜多隊の出水城接敵が遅れた。
とはいえ、隣接されたのが4月4週の途中で、かなり厳しい状態だったが、豊臣軍の持ち時間も同じぐらいのタイミングで切れていて、1ステージ1分でのプレイとなり戦力のやりくりが万全でなかったこともあり、義久、義弘、家久の3人はかろうじて1ステップ残る状態で城内に退却。行動力と編成ボックスの関係で単騎で出陣していた武将3ユニットが豊臣軍の最後の一歩を留めた状態で終了となった。最後になんとか残ったかと思ったタイミングで毛利軍がまだ攻撃していないと言われた時は肝が潰れる心地でしたよ。
140323b.jpg

食事休憩を挟んで9時間弱ぐらいですかね。対戦が終わったのが夜8時前だったのでお茶を一服いただいてそのまま引き上げました。お疲れさまでした。
posted by AMI at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 遠征日誌
この記事へのコメント
お疲れ様でした。

質問ですが、小倉城城外に島津軍が居たときは援軍はどうなるのでしょうか?
Posted by 和伊 at 2014年03月25日 14:05
島津方が小倉に乗る展開は流石に想定していない(豊臣方がそのつもりなら防げるつもり)なのですが、穴があるなら教えてください。暫定的に裁定が必要なら
・凡ミスで踏まれてしまった場合は、門司城(門司城も塞がれている場合は丹生島城)
・ないと思うが、豊臣方が小倉城を踏ませることで有利にできるのであれば、小倉城ヘックスが解放されるまで増援は来ない
としておいてください
Posted by AMI at 2014年03月25日 18:57
返答ありがとうございます。

何度も夢見ましたが、初心者が相手や凡ミスでもない限り小倉城に乗られる事は私も無いと思います。

私としては、小倉城をがら空きにしてでも豊後に兵を回そうかと考えた時は、乗られるかも?と思いその時どうなるのだろう?と思ってしまったのです。

変な質問をしてしまい、すみませんでした。

あらためて1年間お世話になりました。
ありがとうございます。
Posted by 和伊 at 2014年03月25日 22:27
とりあえず穴はないようなので安心しました。
ルールが書いてない理由は場合により様々なので質問いしていただくのはまったく問題ありません。お気になさらずに。
こちらこそご参加ありがとうございました。総評については改めて書くつもりですが、色々と新しい作戦も見ることが出来て、私的にも有益でした。
これからもよろしくお願いします。
Posted by AMI at 2014年03月26日 01:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/91575527

この記事へのトラックバック