# # # #

2013年03月12日

大坂城その2:米軍の爪痕

戦前の大坂城には陸軍の大阪砲兵工廠や第4師団司令部があり、空襲の目標になったために石垣に弾痕が残っています。

艦長私的記録
posted by AMI at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | おさんぽ

大坂城

ゲムマ退散後、会場に近接している大坂城へ。

艦長私的記録
posted by AMI at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2013年03月02日

国宝・東大寺金堂鎮壇具のすべて

3月1日から始まった東大寺ミュージアムの標記特別展に行って来ました。

目玉は正倉院から除封されていた陰宝剣、陽宝剣ほかの6振りの太刀。陰剣、陽剣は劣化が著しいのですが、他の太刀は奈良時代の装飾が残っているものもあり、目を瞠ります。
蝉形の錠前等も興味深かったですね。

特別展は9月までやっていますが、3月14日までお水取り(修二会)が開催中なので、合わせて如何でしょうか。
タグ:奈良
posted by AMI at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2013年01月26日

若草山山焼き

出発しようと思ったところでちょっとトラブルがあって出遅れました。

120126.jpg
posted by AMI at 18:00| Comment(6) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年12月02日

エル・グレコ展

今日は所用があった場所がエル・グレコ展をやっている中之島の国立国際美術館から徒歩圏だったのでついでにエル・グレコ展を見てきました。

ベネツィア共和国の支配下にあったクレタ島出身のドメニコス・テオトコプーロスはイタリアを経てスペインに渡り活躍したことから、イタリア語でギリシア人を意味するグレコに、スペイン語の男性定冠詞エルがついた「エル・グレコ」の通称で呼ばれます。

ほとんどキリスト教モチーフの宗教画なので題材自体には思い入れはないのですが、独特の色彩の宗教画はインパクトがありました。24日までやっていますので、まだの方はどうぞ。

彼が活躍した時代を扱うカードドリブンマルチ「バージンクイーン(GMT)」でも最高レベルの能力を持つ芸術家として登場し、資金援助をして傑作を描かせることができればVPを得ることができます。

El_Greco.jpg
Virgin Queen (GMT)のエル・グレコのコマ(4は芸術家としての能力値。白地は主要国に属さず、イタリアで活躍していたことを表す)、エル・グレコの代表作のひとつ「オルガス伯の埋葬」の業績コマと、自作した日本語化版。

参考:エル・グレコ展
http://www.el-greco.jp/index.html
posted by AMI at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年11月10日

第64回 正倉院展

今回はかの有名な「瑠璃坏(るりのつき)」が展示されるということで、去年の金銀鈿荘唐大刀以上の特別コース(30分待機して間近から見るか、並ばずに後ろから見るか)が形成されていました。ブルーは確かに綺麗でした。

それ以外で目を引いたのは「木画紫檀双六局(もくがしたんのすごろくきょく)」他の双六セット。大河ドラマに合わせたのかどうか、盤、コマ、サイコロ、サイコロ振り一式が展示されていました。特にコマはガラスに鉄、銅、コバルトなどを混ぜて色をつけてあって綺麗。あと、サイコロの一部がいびつな形でこれは見た感じ6面公平に出そうにないんだけど、あれはなんだろう。各面に穴がちゃんとあったので壊れた感じでもないんだけど、祭祀とかの実際に振らない用かな。ちゃんとしたのは正六面体ぽくなっていたので、均等の概念がなかったわけでもないと思うのだけど。

あと、本来は宝物ではないのですが、目録や棚厨子(楽器を乗せてあった正倉院内の棚)とかが展示品になるのが時代の古さを感じさせてくれます。

もう会期末ですが12日(月)までやってます。
また、展示会が終わったら消されますが、公式ページで一部出展物の写真が見られます

参考:奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2012toku/shosoin/2012shosoin_index.html
タグ:奈良
posted by AMI at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年10月08日

京都水族館

3月に開館したばかりの京都水族館へ行きました。

艦長私的記録
posted by AMI at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

世界遺産ヴェネツィア展

少し前に京都文化博物館でやっていた「世界遺産ヴェネツィア展」に行ってきました。

艦長私的記録
posted by AMI at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年09月08日

平城京歴史館

平城京歴史館は平城遷都1300年祭のときに建てられたパビリオンで、現在も(多分)当時と同じ内容で見学できます。数種類の映像展示と共に復元された遣唐使船の甲板に上がることができます。
1300年祭で行ったとき、天候が悪くて遣唐使船の見学のみできなかったので、久々に足を運びました。

120822b.jpg
艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

奈良ファンタージア

これもだいぶ日が過ぎてしまいましたが、8月15〜21日にかけて行われた奈良ファンタージアを観に行きました。3Dプロジェクションマッピングという技法を使った野外映像上映で、奈良国立博物館旧館の外壁をスクリーンにしています。

120821a.jpg

艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年09月04日

夏の思い出

かなり日が経ってしまいましたが、7月14日に、橿原まで「なのは」の映画を観に行った帰りに、寄った橿原神宮の写真。

艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年08月12日

マリー・アントワネット物語展

8月11日にTSS例会に参加するついでに、名古屋市博物館で開催中のマリー・アントワネット物語展へ行ってきました。

120811m1.jpg

艦長私的記録
posted by AMI at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年08月10日

なら燈火会

買い物ついでになら燈火会を近場の猿沢池会場だけ覗いてきました。

14日までやってますのでお近くの方はどうぞ。

艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年05月02日

春の金閣寺

4月28日、夕方からオデッセイ師の実家でゲーム会の予定だったので、昼間、金閣寺まで行って来ました。
艦長私的記録
タグ:京都
posted by AMI at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年03月10日

東大寺修二会(しゅにえ)

天平勝宝4年(752)から続いている法会ですが、一般には「お水取り」の呼び名と夜間に「お松明」を持った練行衆が移動する様の壮観さで知られています。

「お水取り」の日に行われるのが特に有名ですが、実際には3月1日〜14日まで毎日行われます(12日と14日は他の日と違う形で行われるので人出が…)。



艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年02月14日

奈良瑠璃絵

2月8〜14日に開催された「しあわせ回廊 奈良瑠璃絵」の最終日をちょっと覗いてきました。

写真が多いので続きからどうぞ

艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年02月03日

興福寺 追儺会

節分の行事として興福寺東金堂で行われた追儺会(ついなえ)に行ってきました。

艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2012年01月28日

若草山山焼き

若草山で行われた山焼きに行って来ました。

艦長私的記録
タグ:奈良
posted by AMI at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2011年11月12日

第63回正倉院展

毎年行ってるわけではないのですが、今年はあの「蘭奢待」こと「黄熟香」が展示されるとのことで行ってきました。

待ち時間表示は60分でしたが、実際には40分ほどで入場。

入り口付近を軽く流して「蘭奢待」へ。
残念ながら香りは展示できないので、まあでっかい木の塊ですw 足利義政、織田信長、そして明治帝が切り取られた跡が付箋で表示されていました。

蘭奢待(黄熟香)

その他目立った出物としては、「紅牙撥鏤尺」の赤い色が色褪せて無くて見事だったのと、「金銀鈿荘唐大刀」の鞘の細工の見事さ、あとは、会場になってる奈良国立博物館の敷地も含む地図「東大寺山堺四至図」などが興味深かったです。

東大寺山堺四至図

ゆっくり観覧していたら概ね2時間40分ぐらいかかりました。
疲れたので今回は一般展示は見ないで退散。

111112b.jpg

111112a.jpg

今年の展示は14日の月曜日まで。
一部ですが、公式ページで写真も見られるのでいけない人もHPを覗いてみてください。

参考:奈良国立博物館 第63回正倉院展
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2011toku/shosoin/shosoin_index.html
タグ:奈良
posted by AMI at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おさんぽ

2011年09月02日

総火演参加部隊のエンブレム

CH47_128.jpg
CH-47輸送ヘリコプター(第1ヘリコプター団第1輸送ヘリコプター群(木更津駐屯地)第105飛行隊)

Type10_128.jpg
一〇式戦車。部隊は不詳。昨年の展示とはエンブレムが違う模様。

Type74_128b.jpg
七四式戦車(富士教導団戦車教導隊第4中隊)

Type90_128.jpg
九〇式戦車(第11旅団第11戦車大隊(真駒内駐屯地))
展示車両はこれと違う数字の5を意匠化にしたもの(戦車教導隊第5中隊)でしたが撮り忘れ
posted by AMI at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | おさんぽ