# # # #

2022年05月14日

一年戦争(TDF)アップーデート

機動戦士ガンダムの戦略級ゲーム「一年戦争」が第二版が公開になりました。「ドレイクの野望」や「グリプス戦役」のような全面的な改訂ではありませんが、細々とした修正が入っています。

艦長私的記録
タグ:一年戦争
posted by AMI at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2022年02月09日

D-TRAX(ダイソー)

ダイソーで売っているパズルないし知育玩具。商品カテゴリーは「プログラミング玩具」。
220209a.jpg

ボールが転がるレーンが刻まれたキューブ(立方体のブロック)を組み立てて、問題カードに指定された条件を満たすレーンを設置するのが基本的な遊び方。多数のパーツを使うので、単品で完結した商品ではなく、スタート・ゴール・サイコロ・ビー玉・問題カードセット、ボード、ストレート、カーブ、交差・落下セット、に分かれて販売されており、基本の問題をやるには最低7個、上級問題をやるには最低14個必要。
220209b.jpg

対戦ゲームの遊び方も掲載されているが、サイコロの出目に応じて、キューブを配置したり取り除いたりする変形すごろく。しかも、キューブを配置するより減らす期待値の方が高いので勝負が長引きそうで、ダメかな。

パズルまたはオブジェとして無心に転がしてるのは楽しい。
posted by AMI at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2022年02月04日

タクテクス続報

公式で詳細が出ました。ゲームについては、福田誠さんのツイートから新しい情報は無いようです。

気になるお値段は税込み5940円で私が想像していたよりは高いです。
福田さんのゲームだから抑えておきたい気はするけどさてどうするかな。

参考:タクテクス 光秀戦記 明智十兵衛合戦次第
http://hobbyjapan.hondana.jp/books/book/b595994.html
posted by AMI at 20:30| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2022年01月03日

群雄割拠:三国志(コマンドマガジン162号)

コマンドマガジン162号付録「群雄割拠:三国志」は、後漢王朝末期の中国大陸を舞台に群雄達を操作して歴史に影響を与えた度合いを競う3-4人用ゲーム。日本の戦国時代をテーマにした「群雄割拠(ウォーゲーム日本史22号)」の姉妹作。
220103a.jpg

ゲームデザイン:砂漠のキタキツネ
拡張カードデザイン:AMI

公式:
https://commandmagazine.jp/com/162/index.html

艦長私的記録
posted by AMI at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年12月18日

「群雄割拠:三国志」開封動画

一足先にコマンドマガジン162号「群雄割拠:三国志」の見本誌を頂きましたので、プロモーションのために開封動画を撮影してみました。



艦長私的記録
posted by AMI at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年11月20日

Return of Hobby Japan

開催中のゲームマーケットで、ホビージャパンのウォーゲーム復帰が明らかになったそうで。



公式ツイートもありますすが、こちらのしんしさんのツイートの方が画像が見やすいです。


艦長私的記録
posted by AMI at 16:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年10月23日

群雄割拠:三国志(コマンドマガジン日本版162号掲載予定)

161号に予告が掲載されたようですね。現物未確認なのでどこまで言及されているかわからないのですが、砂漠のキタキツネ先生の「群雄割拠(ウォーゲーム日本史22号、K2P)」の姉妹ゲームで、当ブログで「三国志群雄列伝」という名前で紹介していたゲームの製品版になります。投稿される際に声をかけていただき、私が作った拡張部分も含めていただけることになりました。

「History of the World」の流れを汲むゲームなので、多人数向けですが外交要素がないのでプレイしやすい軽量級の好ゲームです。

製品版について新しくお伝えできる情報はまだないのですが、今後の検索性を考えて、ブログの過去記事に「群雄割拠三国志」のタグを追加しました。
posted by AMI at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年10月02日

長元記:長宗我部元親奮戦記(GJ)

ゲームジャーナル80号付録。戦国群雄伝システムで四国の雄・長宗我部元親の戦いを扱う。オリジナルは2006年に戦国群雄伝シリーズの同人拡張として発表された(拡張なので秀吉軍記かそれ以降のいずれかのゲームが必要だった)。GJ版はアートワークをGJ版シリーズ準拠に改めると共に、基本ルールを含む形で出版され、拡張シナリオ1本を除き単独でプレイできるようになった。
211002a.jpg

艦長私的記録
posted by AMI at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年09月01日

BANZAIまがじんEX第10号(Bonsai Games)

推しタクに Combat Commander: Europe で寄稿したので見本誌として頂きました。ブログには付録ゲームを動かして見てから書こうかなと思ってたのですが、色々やることがあってずるずる日延べしてしまったので、ひとまず軽く紹介のみ。
210805a.jpg

艦長私的記録
posted by AMI at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年05月15日

ドラゴンクエストウォーク

せっかくスマホになったので、スマホでしか出来ないゲームをやってみようと思い「ドラゴンクエストウォーク」を入れてみた。
210514a.jpg

位置情報ゲームの雄はポケモンの方だと思うのだけど、ポケモンカードゲーム(GB版含む)を少しかじった程度で世代ではないので……。

ざっくりいうとドラクエ(コンピュータRPG)のクエストからクエストの移動パートを実際にプレイヤーが現実に歩くことで進めるゲーム。クエストを選択すると、たくさん表示される目的地候補の中から自分でどこに行くか選んでそこに向かって歩く(アイテムを使えば任意の地点を目的地にするこもできる)。移動中にはモンスターとのエンカウントがあったり、知らない人の家を漁ったりでき、目的地に到着すればイベント戦闘が発生してこれに勝てばクエストクリアという流れ。

戦闘やキャラクター育成はドラクエにソシャゲ要素のガチャとか改造とかを加えた感じで、ドラクエが好きで歩くのが苦にならない人なら楽しめそう。ただ、目的地を設定するときは今いる地点からある程度離れた場所しか選択できず、そこに到着したら画面を操作しないといけないので存外歩行に集中できないのがネック(私が知らないだけでなにか方法があるのかもしれないけど)。

あと、個人的な都合だけど従量制の契約なので通信量とにらめっこしながらのプレイになる。まあ、今のところこのゲームだけしかやらなければ一ヶ月乗り切れそうなペースだけど……。とりあえず、もう少し続けてみるつもり。
posted by AMI at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年04月30日

ダイソーの罠

カードスリーブを補充するために駅前のダイソーへ。ダイソーといえば年明けぐらいから100円(税込み110円)のゲームが話題になっていたのでおもちゃコーナーも見たら結構色々置いてあったので、買い込んでしまった。絨毯爆撃したように見えるかもしれないけど、一応、コンポーネントかルールが気になるゲームだけ選んだよ。
210430a.jpg

 実際にはピザーラとクアアイナのタイアップのゲームは以前買ったもので、そのときはもうちょっと置いてある種類が少なかった(か、もしくは私が気づかなかった)。

 子供でもできるゲームという設定らしいので、6歳以上とか8歳以上のゲームばかりですが、運の比重重めのゲームや手の早さを競うゲームがある一方でアブストラクトの大人がやればガチゲームになりそうなのもあります。個々のゲームの紹介はそのうち……。
posted by AMI at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年04月21日

カルドセプトDS(ニンテンドーDS)

というわけでPCが使えない間、カルドセプトDSを再プレイしていた。

言うて公式のサーバーはもう随分前に停止していて遠隔対戦はできないので、初期ブックでストーリーを新しく始めて、そのラウンドで獲得したカードは全部ブックに入れる、一度外したカードは戻せない、という縛りプレイで挑戦。

序盤は敵セプターのブックも弱いので初期ブックからの派生ブックでもサクサク勝つことができたが、報酬の中でアイテムとスペルの比率が高くて苦しくなってきて、完走するまでにタリオで1回、ビスティームで3回負けた(勝ったのは全部ゼネス)。

AIプレイヤーに求める水準は人によって違うと思うけど、カルドセプトDSのAIセプターは間抜けなとこも多いけど、油断してると足元すくわれたりするいい塩梅になってる気がする(連鎖してない安いところから売っていく土地の売り方だけはアレだけど)
posted by AMI at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年04月16日

鈴木大佐追悼セット(アークライト)


ウォーゲームも気になりますが注目はロリちゃんです
ロリちゃんです

また、コマンドマガジンも4月20日発売の158号が追悼企画で「砂漠の狐」特集ですね。
posted by AMI at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年04月02日

[ソロ]この怪獣は俺が殺る(7)

なんでも今日は「帰ってきたウルトラマン」の放映開始から50年だそうで久々にWEB公開ゲーム「この怪獣は俺が殺る」を発掘。

帰ってきたウルトラマンは年齢的に多分最初に視たウルトラシリーズだと思うんだけど、その後再放送で何度も視たので、どこまでが本放送のときの記憶なのかは区別できないのだが、グドンやツインテールとの夕日の東京市街での戦い、シーゴラスとシーモンスの怪獣夫婦、ナックル星人の轢殺で死ぬ坂田兄妹など印象的なエピソードが多い。

艦長私的記録
posted by AMI at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

「銀河帝国の興亡」再販

銀河帝国の興亡はエポックワールドウォーゲームシリーズの末期に出た恒星間国家同士の戦いをテーマにした多人数ゲーム。特定の原作や固有の背景設定はなく、「どこかで見たような」超兵器やイベントが多数登場する。


国際通信社から再販の告知が出ました。同社からは「ダークネビュラ」の再販が出たばかりですが、SFゲームってそんなに需要あるんでしょうか(ゲームメカニクス的にはこの2作は重なってないけど)。個人的にはこれが成功して姉妹作の「魔法帝国の興亡」も出てほしいです。

専用ページも出来たみたいですが、まだ表紙だけで、上のツイートの方が詳しいです。

参考:
http://www.kokusaig.co.jp/GalacticEmpire/

posted by AMI at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2021年01月21日

Rise of Roman Republic (GMT)

指揮官単位でチットで活性化する戦略級古代戦ゲーム"Ancient World"シリーズの1作目で共和政ローマの勃興期の戦いを4つのシナリオで再現する。
210121a.jpg


艦長私的記録
タグ:Ancient World
posted by AMI at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2020年12月05日

ガル☆パンRPG

「E.V.A.シリーズ」と絶賛放置中だった「ぱんつぁー・ふぉー!」のキャンペーンモジュールを悪魔合体させたプライヴェート・ゲーム。
201204d.jpg

戦闘解決システムとして戦術級ゲームを搭載しているのはE.V.A.としては邪道かもしれないけど、今回は色々の需要を満たすためこの形にした。

ガル☆パンRPGは自分専用で外に出す気はないのだけど、TRPGパートの無いキャンペーンモジュールはそのうち完成させたい……。
posted by AMI at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

E.V.A.シリーズ(金星楽団)

「新世紀RPG E.V.A.」はTVアニメ版新世紀エヴァンゲリオンを題材にした藤浪智之さん作の同人RPG。アニメの世界観そのものではなく、アニメ番組を再現する着眼点の素晴らしさと、精密なデータや判定を廃したストーリー重視のシステムに痺れた。
201204c.jpg

その後、派生シリーズが発表され、私の手元には「ハト☆プリ」と「まど☆マギ」がある。本当はもう一個あるはずなのだがサルベージ失敗。
posted by AMI at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2020年11月12日

Kingmaker (AH)

「キングメーカー(薔薇戦争)」は薔薇戦争をテーマにした2-7人用ウォーゲーム。プレイヤーは王位を争う王族そのものではなく、貴族の派閥を率いて、自分が保護した王位継承者をイングランドの唯一の王として擁立することを目指す。
201008b.jpg

艦長私的記録
タグ:Kingmaker
posted by AMI at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介

2020年11月03日

Western Empires (999 Games)

文明の曙シリーズの拡大発展版"Mega Civilization"をアップデートして東西に分割したゲーム。改良されたのは勢力のシート等のプレイアビリティ面やルールの明確化で、ゲームプレイそのものはMega Civと同等(のはず)。
201101a.jpg

艦長私的記録
タグ:文明の曙
posted by AMI at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム紹介